『007/ゴールドフィンガー』OP美女マーガレット・ノーランさん死去

『007/ゴールドフィンガー』のマーガレット・ノーランさんご冥福をお祈りいたします
『007/ゴールドフィンガー』のマーガレット・ノーランさんご冥福をお祈りいたします - United Artists / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『007/ゴールドフィンガー』などに出演した、英国出身のモデルで女優のマーガレット・ノランさんが、現地時間5日に亡くなったとDeadlineほか各メディアが報じた。76歳だった。死因は報じられていない。

『007/ゴールドフィンガー』フォトギャラリー

 マーガレットさんは、多くの映画ファンに知られた『ゴールドフィンガー』のタイトルシークエンスやポスターに、全身を金色に塗った美女として登場。劇中でも、ボンドにマッサージをする女性ディンクを演じた。そのほか、ザ・ビートルズの『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』(1963)や英国で人気を博した「Carry On」シリーズにも出演。1980年代以降は主だった女優活動はないが、ビジュアル・アーティストとしても活躍した。

 昨年には『ベイビー・ドライバー』などで知られる、エドガー・ライト監督の最新作『ラスト・ナイト・イン・ソーホー(原題) / Last Night In Soho』に小さな役で出演。ライト監督は、Twitterでマーガレットさんの訃報を伝えると、その功績をたたえると共に「彼女はとても面白くて、賢くて、ご存知のように、素晴らしい思い出に事欠かない人だった。彼女と知り合えて本当によかった。彼女と彼女のご家族に、心からお悔やみ申し上げます。彼女がいないことが心から寂しいです」と追悼している。同作は2021年4月に英国やアメリカで公開予定。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]