北村匠海、ボクサー役の過酷な体作りを明かす!

第33回東京国際映画祭

北村匠海は出演作『アンダードッグ』が第33回東京国際映画祭のオープニング作品に選ばれた
北村匠海は出演作『アンダードッグ』が第33回東京国際映画祭のオープニング作品に選ばれた

 北村匠海が31日、第33回東京国際映画祭のオープニングセレモニーに、今年の映画祭のオープニング作品に選ばれた映画『アンダードッグ』の主演の森山未來瀧内公美武正晴監督、脚本の足立紳佐藤現プロデューサーと共に登壇(森山はオンライン参加)。ボクサー役として過酷な体作りを行ったことを明かしていた。

【動画】森山未來主演!今年のOP作品『アンダードッグ』予告編

 本作は、映画『百円の恋』の武正晴監督&足立紳脚本のタッグで贈るボクシング映画。掴みかけたチャンピオンの夢をあきらめきれず、噛ませ犬としてボクシングにしがみついている末永晃(森山)、ボクシングの才能を認められて将来を期待されているが秘密の過去を持つ大村龍太(北村)、テレビ番組の企画でボクシングのリングに上がることになった売れない芸人の宮木瞬(勝地涼)の3人が戦う姿を描く。

[PR]

 『百円の恋』が絶賛された武監督だが「ボクシング映画を作るのは難しい」と語ると「足立さんの素晴らしい脚本があったのですが、簡単ではない役。演じられるキャストが、全身全霊を込めてやってくれたから映画になった」としみじみ。

 オファーを受けた北村は「格闘技をやったことが一度もなかった」と不安に思う部分もあったそう。だが、武監督の作品で、森山や勝地といった俳優と共演できる機会を「逃すまいと食らいついていきました」とさわやかな笑顔を見せていた。

東京国際映画祭

 役作りについては1年前から丹念に体を作っていったという北村。「最初は筋トレをやって……と思っていたのですが、とにかくボクシングで落とそうと、家に帰ってからもシャドーボクシングなどをずっとしていました。僕が演じた龍太は若くして天才という役柄。そういう選手のビデオなどを見てインスピレーションを受けながら、本当のボクサーと同じような減量をしてギリギリまで追い込みました」

 北村は「『アンダードッグ』という作品に参加できたこと、そして映画祭のオープニング作品として、この場に立てて光栄です」と語り、「男たち3人が地べたに這いつくばっても立ち上がる姿を観てください」と観客に映画をアピールしていた。(磯部正和)

第33回東京国際映画祭は11月9日まで六本木ヒルズほかにて開催
映画『アンダードッグ』は11月27日より前編・後編同日公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]