門脇麦、水原希子の美しさを絶賛「最高にカッコよくて可愛くて素敵」

第33回東京国際映画祭

正反対の女性を演じた門脇麦と水原希子
正反対の女性を演じた門脇麦と水原希子

 女優の門脇麦が5日、EXシアター六本木で行われた第33回東京国際映画祭特別招待作品『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の舞台あいさつに出席し、本作で共演を果たした水原希子を「最高にカッコよくて可愛くて素敵でした」と称賛した。この日は門脇と水原とともに、共演者の高良健吾岨手由貴子監督と登壇した。

門脇麦・水原希子・高良健吾が登場!舞台あいさつの様子【動画】

 山内マリコの同名小説を映画化した本作は、結婚こそ幸福と考えて相手探しに奔走する華子(門脇)と、大学を中退して怠惰に生きる美紀(水原)という異なる人生を歩んできた二人の女性の人生が交錯する人間ドラマ。高良はそんな二人を繋ぐ弁護士の幸一郎を演じる。

[PR]

 正反対の生き方をしていた二人の女性を演じた門脇と水原は、撮影現場でも一緒になることがほとんどなかったという。門脇は「現場でも本当にすれ違うことがなく、美紀のパートがどんな風になっているのか想像もつかなくて、完成したものを観ると、違う映画を観るような感じ。そんな二人が交わるシーンもあって、その瞬間に『こういう映画だったんだ』と初めて思える内容になっています。そこが見どころです」とコメント。続けて「希子ちゃん演じる美紀は最高にカッコよくて可愛くて素敵でした」と絶賛の言葉を送った。

 一方の水原も「わたしも華子のシーンは想像がつかなかった。でも、タイトルが出てくるときの華子の表情が本当になんとも言えない表情で、それだけで作品にひきこまれてしまう気がしました。麦ちゃん、やっぱりすごいなって、カッコいいなって。女の子映画だけど、人間として共感できる部分がたくさん詰まった美しい映画」と語った。

 最後に、門脇は映画について「個人的に解放を描いた物語だと思っています。人間はどうしても自分をカテゴライズすることがあると思うのですが、角度をちょっと変えて自分を見ると視界が開けたり、自分のことを好きになったりできたりする。そういうことに気付けると、人生もっと良くなるんだと思える映画です。そのことがみなさんにも伝わればいいなと思います」と話した。(取材・文:名鹿祥史)

門脇麦・水原希子・高良健吾が登場!『あのこは貴族』舞台あいさつ【トークノーカット】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]