5人の俳優が監督に挑戦!磯村勇斗×柄本佑×白石隼也×津田健次郎×森山未來

左上から時計回りに磯村勇斗、柄本佑、白石隼也、森山未來、津田健次郎
左上から時計回りに磯村勇斗、柄本佑、白石隼也、森山未來、津田健次郎

 磯村勇斗柄本佑白石隼也津田健次郎森山未來ら5人の俳優がショートフィルムを制作し、「アクターズ・ショート・フィルム」のタイトルで来年1月13日よりWOWOWオンデマンドで先行配信、23日夜7時よりWOWOWプライムで放送されることが24日、明らかになった。キャストには泉澤祐希森山直太朗吉村界人神野三鈴竜星涼大東駿介永山瑛太らが名を連ねる。

 本プロジェクトは、WOWOW開局30周年を記念して企画されたもの。5人の人気俳優が制作費・制作日数など同条件で25分以内のショートフィルムを制作し、世界から約5,000本のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」のグランプリを目指す。

 磯村は、アンドロイドが進化した近未来社会で反体制運動に身を投じるAI技術者(泉澤祐希)の物語「機械仕掛けの君」、柄本は、下北沢の狭い部屋に暮らす男(森山直太朗)が人助けのために奔走する「夜明け」、白石は、幼い頃に絵画教室に通っていたオレ(吉村界人)と先生(神野三鈴)の秘密と罪を描く「そそがれ」、津田は、ビルから飛び降りようとしていた慶(竜星涼)と彼を引き止めた隼人(大東駿介)が、ロシアンルーレットの賭場に足を踏み入れる「GET SET GO」、森山は、部屋に引きこもる男(永山瑛太)の虚実が裏返っていく「in-side-out」を担当。柄本、白石、津田は、監督のほか脚本も兼任する。

[PR]

 5人いずれも映像制作の経験があり、現在放送中のドラマ「恋する母たち」も話題の磯村は学生時代に自主映画を制作。ドラマ「知らなくていいコト」のヒロインの相手役も記憶に新しい柄本も、学生時代から数々の自主制作映画を制作。白石は、主演を務めた配信ドラマ「グッドモーニング・コール」(2016)のスピンオフドラマで監督・脚本を務めた。声優、俳優、ナレーターと多方面で活躍する津田は、昨年公開された映画『ドキュメンターテイメントAD-LIVE』で監督・脚本を手掛けた。主演映画『アンダードッグ』が11月27日より公開される森山未來は、初監督を務めた短編映画『Delivery Health』がショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020で特別上映された。

 なお、1月16日より監督のインタビューや撮影のメイキング、各作品のみどころを紹介する特別番組「アクターズ・ショート・フィルムの軌跡」が無料放送される。

 磯村、柄本、白石、津田、森山のコメントは下記の通り。(編集部・石井百合子)

「アクターズ・ショート・フィルム」は2021年1月13日よりWOWOWオンデマンド配信スタート、1月23日夜7:00WOWOWプライムで放送

[PR]

<磯村勇斗>
1:オファーを受けたときの気持ち
 監督のお話を頂いた時、正直悩みました。監督を一度やってみたいという気持ちは元々ありましたが、即答でYESと言えるような簡単な仕事ではない。それに俳優業もあるのに務まるのか、と自問しましたが、それでもやはりこんな機会は滅多にないので挑戦させて頂きました。
2:作品作りで印象に残っていること
 準備から現場まで通し改めて感じた事は、スタッフさんへの感謝です。自分のやりたい事、わがままを具現化して下さり、愛を持って向き合って下さいました。そして、お芝居では泉澤祐希君がこの作品に一本芯を通してくれ、子役含めキャスト達にも支えて頂きました。作品作りは誰一人欠けることなく皆で作っていくものだと強く感じました。

<柄本佑>
 WOWOWから監督のお話を頂いたとき若干悩みましたがやはり映画監督に憧れてこの世界に入りましたから残念ながら断る事ができませんでした、、、すみません、、、。さて、いざ何をやろうかなと考えてみて16歳の時に書いた短編映画のホンを思い出しました。18年越しの企画を実現させていただきました。撮影時はとにかくシンプルに自分の欲望と向き合っていたように思います。スタッフキャストの皆様大変お世話になりました。次は長編ですね。よろしくお願いします、、、っことで良いんですよね?

[PR]

<白石隼也>
1:オファーを受けたときの気持ち
 映画作りは信じられないほど大変だけど、信じられないほど楽しいものです。果たして自分に監督をする資格があるのかとても不安でしたが、恐れず挑戦してみることにしました。俳優が撮る映画ならば、俳優たちに生き生きと演じて貰える現場にしたいとまず思いました。
2:作品作りで印象に残っていること
 自分で書いた脚本を、俳優陣が自由に軽やかに超えていく瞬間がとても印象的でした。主演の吉村界人さんと神野三鈴さんのラストシーンを撮り終えた直後、神野さんが不意に吉村さんを抱きしめるという一幕がありました。カットがかかった後も続く二人の世界をいつまでも観ていたかったです。

<津田健次郎>
1:オファーを受けたときの気持ち
 以前より映画を撮りたいと思っていたのでとても嬉しかったです。しかも、贅沢な環境で映画を撮れる…最高だ…と。
2:作品作りで印象に残っていること
 脚本執筆から撮影準備そして撮影本番、全てが大変でしたがとても楽しい時間でした。時間が無い中での撮影だったので、当初予定していたカメラワークやカット割の変更が発生したのですが、スタッフの皆様の頑張りで何とか乗り越える事が出来ました。時間に追われてシーンの変更に舵を切りかけた時、妥協を押し止められたのは大東さんと竜星さんの言葉でした。お二人の言葉に救われました。情熱に溢れたキャストさん、スタッフさんと映画を作る事が出来て幸せです。皆様本当にありがとうございました。

[PR]

<森山未來>
 2年程前に「監督をやらないか」と誘われ、撮りたいとも自分が撮れるとも思っていなかったにも関わらず、自分の好奇心が突っ走った。パイロット版を2作品作ってみたが、その企画自体がボツになり、作品は宙に浮いた。その内の1作品は幸運にも今年のショートショートフィルムフェスティバル&アジアで取り上げていただいたが、もう一つは編集の時点で挫折していて完成もできていなかった。が、またまた幸運にも今回WOWOWさんに声をかけていただき、こうしてリベンジをさせていただく運びと相なった。素晴らしいスタッフの皆さんと、そして芝居のみならず、独自の身体性と音楽性に惹かれていた永山瑛太さんとタイトなスケジュールの中でセッションできたのは非常に有意義な時間でした。楽しかった!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]