『マイティ・ソー』クリス・ヘムズワース、恐ろしいほどムキムキに!マーベル共演者も戦慄

腕すごっ! - 画像はクリス・ヘムズワース公式Instagramのスクリーンショット
腕すごっ! - 画像はクリス・ヘムズワース公式Instagramのスクリーンショット

 マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズ第4弾の撮影を来年1月に控えるクリス・ヘムズワースが、恐ろしいほどムキムキになった姿をInstagramで公開した。上半身裸でドーナッツ型の重りを持ち上げるヘムズワースの腕や胸は、はち切れんばかりの筋肉でものすごい太さになっている。

【画像】クリス・ヘムズワース、激やせ!ガリガリな姿にファン悲鳴

 ヘムズワースは「今日はチートデー(※ダイエットやトレーニング中の人たちが“今日だけはOK”とお菓子などを食べる日)。この特大ドーナッツを自分へのご褒美にすることにしたよ」とジョークを飛ばしながら、同写真を投稿。「なんてこった、これは重いよ」と本音もこぼしている。

[PR]

 ヘムズワースのこの鍛え上げられた肉体に戦慄しているのが、『マイティ・ソー』シリーズ第4弾に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスター・ロード役で登場することになっているクリス・プラットだ。プラットは「僕のトレーナーが、君がトレーニングするのをやめさせなきゃと言っていたよ。僕たちはこれから一緒の映画に出るのに、もし君がその時もこんな見た目なら、僕を君の隣に立たせたくないって」とこのままでは自分が見劣りしてしまうとコミカルにコメント。「だから、君には今すぐ25ポンド(約11キロ)分太ってもらわなきゃ。よろしく」と呼び掛けた。

 シリーズ第4弾『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』は来年1月からオーストラリアで撮影が始まり、2022年2月11日に全米公開予定。第3弾『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手掛けたタイカ・ワイティティ監督がメガホンを取り、ナタリー・ポートマンがジェーン/女性版ソー役、クリスチャン・ベイルが悪役で出演することが決まっている。

 なお、ヘムズワースは、プロレスラーのハルク・ホーガンの伝記映画(『ジョーカー』のトッド・フィリップス監督がメガホン)で主演することも決まっており、同写真を見たホーガンは「彼はすでに仕上がっている! 準備はできているよブラザー!!! だが、彼は俺を演じるのに十分なほどハンサムかな(笑)」とツイートしている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]