ADVERTISEMENT

恐ろしい代理戦争の計画が…「麒麟がくる」第34回あらすじ 焼討ちの代償

光秀、どうする!?
光秀、どうする!? - (C)NHK

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第34回「焼討ちの代償」が29日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【写真】長谷川博己、安堵…「麒麟がくる」初回完成試写会の模様

 本作は、のちに本能寺の変を起こすことになる戦国武将・明智光秀を長谷川博己が演じている作品。第34回では残虐極まりない比叡山の焼き討ちを目の当たりにした摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)に織田信長(染谷将太)と手を切るべきだと進言する。

ADVERTISEMENT

 大和の松永(吉田鋼太郎)と筒井順慶(駿河太郎)の内戦に加わって筒井側につくことで、信長の後ろ盾のある松永と対立して立場を表明すべしと迫る。光秀は、娘の治療で訪れた東庵(堺正章)の診療所で、駒(門脇麦)から、義昭は筒井に味方し信長から離れることを決めたと聞かされることとなる。

麒麟がくる
(C)NHK

 恐ろしい代理戦争の計画を回避すべく、じかに松永と筒井を引き合わせる和平工作を画策するのだが……。第34回には石橋凌ふんする“甲斐の虎”武田信玄が初登場する。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT