「おちょやん」千代、修行が始まるも失敗ばかり…12月8日のあらすじ

千代、奉公に出された先でも頑張る
千代、奉公に出された先でも頑張る - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第7回が12月8日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

お茶子の修行はたいへん!第7回の場面カット【写真】

 杉咲花がヒロインを演じる「おちょやん」は、大阪の南河内の貧しい家に生まれた竹井千代が女優の道を駆け上がっていく姿を描く物語。現在は第2週「道頓堀、ええとこや~」に突入している。

[PR]

 道頓堀の芝居茶屋・岡安に奉公に出された千代(毎田暖乃)。1か月で仕事を覚えなければ女将のシズ(篠原涼子)に追い出されてしまうという不安のなか、お茶子としての修行が始まる。

 しかし、失敗の連続で、同い年のシズの娘みつえから説教を受け、岡安の商売敵・福富の女将の菊(いしのようこ)には門前払いされてしまう。そして、かめ(楠見薫)たち岡安のお茶子の先輩からは、面倒なことを押しつけられる。気がついたときには風呂屋にも間に合わず、一日が終わる毎日なのだった……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]