新海誠監督『天気の子』が地上波初放送!1月3日に本編ノーカットで

地上波初放送!
地上波初放送! - (C) 2019「天気の子」製作委員会

 新海誠監督の大ヒット映画『天気の子』(2019)が、2021年1月3日の夜9時からテレビ朝日系で地上波初放送されることが明らかになった。放送は本編ノーカットで行われる。

『天気の子』醍醐虎汰朗&森七菜のアフレコの様子【写真】

 本作は、東京にやってきた家出少年の帆高(声:醍醐虎汰朗)と、祈るだけで晴れをもたらすことができる不思議な力を持った少女・陽菜(声:森七菜)が、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択していく物語。観客動員数1,000万人超え、興行収入は140億円を突破し、2019年度公開映画のなかでNo.1ヒット作になったほか、第43回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞に輝いた。

[PR]

 放送決定をうけて、「『このままでは、いつか世界は大変なことになってしまう』そんな漠然とした不安を、実は皆、ずっと感じ続けていたような気がします。2019年夏、『天気の子』の物語を作った理由も、そんな暗い予感にすこしでも抵抗したかったからでした」と明かした新海監督は、「そしていま、我々の社会はあの頃には想像もしなかった困難の中にあります。『降り止まない雨の中になんとか光を見出そうとする』この物語が、2021年の視聴者の方々にもすこしでも楽しんでいただけるのならば、それに勝る喜びはありません」とコメントを寄せた。

 ボイスキャストには、本作で注目を浴びた醍醐と森に加えて、小栗旬本田翼吉柳咲良平泉成梶裕貴倍賞千恵子らが名を連ねている。音楽は『君の名は。』に続いてのタッグとなるRADWIMPSが手がけた。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]