大泉洋、スター小栗旬の『新解釈・三國志』イベント登場にぼやき!?

『新解釈・三國志』で共演した2人
『新解釈・三國志』で共演した2人 - (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

 大泉洋が10日、主演映画『新解釈・三國志』公開前夜祭オンラインイベントに共演の小栗旬と登場。主演のような貫禄に満ちた小栗に、大泉のボヤキは止まらなかった。この日は、ムロツヨシ賀来賢人岩田剛典福田雄一監督も出席した。

【写真】大盛り上がりのオンラインイベントの様子

 『銀魂』シリーズや「今日から俺は!!」シリーズなどの福田が監督と脚本を務めた本作は、中国の「三國志」を基にした歴史エンターテインメント。覇権争いを繰り広げる魏、呉、蜀の武将たちがしのぎを削った時代を“新解釈”で描く。

[PR]

 ついに本作イベントに登壇した小栗は、観客がいないにもかかわらず、レッドカーペット上を手を振りながら悠然と歩いて登場。大泉は小栗とドラマ「救命病棟24時」で共演したこともあることから、「旬ちゃんが忙しくて(今まで)来れなかったから、やっと今日来てくれて……」と喜ぶ一方、「来たら来たで、どうしても小栗旬主演の映画に見えちゃうから、やっぱり呼ぶんじゃなかった。(登場時の小栗の)“俺の映画感”が半端なかった」とぼやき。

 さらに、大泉とムロ以外のキャストがパネルで登場した完成報告会見時を思い返した大泉は、「宣伝部が小栗旬のパネルを真ん中に置いちゃったから『バカヤロー』と言って……。パネルなのに(小栗が)主役に見えるだろうってどけてもらったんだから」と訴えた。

新解釈・三國志
(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

 ムロもプライベートで交流のある仲間といえども小栗の登場は快く思っていないようで、「ツーショットが洋さんと旬ちゃんになっちゃうから。今までは洋さんとムロだったんですよ」と哀愁をただよわせた。そんな二人をよそに、小栗は「アジアの向こう側が見えましたよ」と大手を振った理由を説明しつつ、「ついに来れてよかったです。こちらにいらっしゃる皆さんと撮影時に会っていないんですよ。だから映画(の試写)を観て、こんなことしてたんだなぁと思っていました」と笑顔を見せた。

[PR]

 この日のイベントは、世界最速プレミア試写会を行う台湾のイベント会場と中継しており、ファンから「撮影現場でやりたい放題だった役者は誰?」と質問された大泉は、「ムロくん。9割アドリブでしたよ」と回答。その後、福田監督から「小栗くん、女と遊ぶところは好き勝手ですよ」と明かされると、「小栗くんのエッチなシーンは小栗くんが好きでやっていたらしいですよ。小栗くんにはガッカリですね、みなさん」と小栗を貶める発言で一矢報いる大泉であった。(取材:錦怜那)

映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]