「おちょやん」秘められた思いは交錯して…12月18日のあらすじ

思いが交錯する、そのとき…
思いが交錯する、そのとき… - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第15回が12月18日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

千代はシズへの感謝の思いをこめて…第15回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優を目指して奮闘する姿を描く物語。現在は第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」に突入している。

[PR]

 「岡安」が総出で接待する「組見」の日、女将のシズ(篠原涼子)を説得して延四郎(片岡松十郎)に会いに行くよう伝えた千代。そこにあったのは、千代のシズへの感謝の思いだった。組見の当日、目が回る程の忙しさのなか、ほかのお茶子たちをはじめ、かめ(楠見薫)やみつえ(東野絢香)とも協力して、大勢の芝居客の接待を滞りなく進めていく。

 その一方、シズは待ち合わせ場所に立っていた。その姿に驚きを隠せない延四郎。20年という歳月を経て、二人の秘められた思いが交錯する……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]