『ゴジラVSコング』パンチ一閃!大激闘の予告編公開!小栗旬も登場

Godzilla vs. Kong – Official Trailer » 動画の詳細

 怪獣王ゴジラとキングコングの対決を描く映画『ゴジラVSコング(仮)』の海外版予告編が、現地時間24日、米ワーナーブラザースの公式YouTubeチャンネルで公開された。日本から出演する、小栗旬の姿も確認できる。

【動画】『ゴジラVSコング(仮)』海外版予告編

 本作は、米ワーナーとレジェンダリー、東宝が展開する“モンスター・ヴァース”の最新作。2014年に公開された1作目『GODZILLA ゴジラ』から、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)に続くシリーズ4作目となる。

[PR]

 予告編は、鎖につながれて海上輸送されるコングの姿からスタート。人類が直面するある脅威に対して、コングと、彼と心を通わせる少女の力が必要であることが示唆されるが、ゴジラが輸送中のコングを海中から強襲。海を舞台に二大怪獣のガチバトルが展開する。ゴジラに強烈なパンチをお見舞いするコング。そして、戦いの場は大都会へ。予告編に先立って公開されたポスタービジュアルには「ONE WILL FALL」(一方が倒れる)と謳われており、世紀の対決への期待が膨らむ。今回のゴジラは、躊躇なく戦艦を破壊し、戦闘機を尻尾でなぎはらうなど、人類と明確に敵対関係にある様子。なぜゴジラは、人類の脅威となったのか。

 監督はNetflix映画『Death Note/デスノート』のアダム・ウィンガードで、出演はアレキサンダー・スカルスガルド(『バトルシップ』)、レベッカ・ホール(『アイアンマン3』)など。『キング・オブ・モンスターズ』からミリー・ボビー・ブラウンカイル・チャンドラーも出演する。アメリカでは、3月26日から劇場公開と同時に自社の動画配信サービス「HBO Max」で配信。日本での公開日については、まだ発表されていない。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]