「おちょやん」女形“漆原さん”に大反響!演じるのは大川良太郎

大川良太郎ふんする漆原要二郎
大川良太郎ふんする漆原要二郎 - (C) NHK

 杉咲花が主演を務めるNHKの連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の4日放送の第44回で、新しい喜劇の一座の方針をめぐり、座長の天海一平(成田凌)と女形の役者・漆原要二郎(大川良太郎)がぶつかるシーンが放送され、反響を呼んでいる(以下、ネタバレがあります)。

麗しい…!大川良太郎【写真】

 本作は、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン・竹井千代が芝居の世界に飛び込み、やがて上方を代表する女優となっていく波乱万丈な人生の物語。放送中の第9週では、新しい喜劇の一座に参加するために道頓堀に戻ってきた千代の奮闘が描かれる。

[PR]

 第44回では、一座の座長を担う一平が、女形の漆原に「自分の喜劇に女形は要らない」と言い出し新たな火種が巻き起こった。漆原は旧天海天海一座からの座員であり、一平には特別な思いを抱いているが、一平は自分の思い描く新しい喜劇には女形が不要ときっぱり。それが受け入れられず道頓堀を出る決心をした様子の漆原だったが、一平の悪態に激昂する。それぞれの覚悟と情熱がぶつかり合うさまは話題となり、「漆原さん」がTwitterのトレンド入り。SNSでは「漆原さん、やめないで!」「この後どうなるんだろう?」といった声が続々と上がり、関心を呼んでいる。

 そして、「美しい」と評判の漆原を演じているのは大衆演劇で活躍する大川良太郎。1978年生まれ、大阪府出身の大川は「劇団九州男」の座長を務めており、連続テレビ小説への出演は今回が初めて。(山田貴子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]