「おちょやん」鶴亀家庭劇が船出!早くも問題が…10週のあらすじ

千代も参加する鶴亀家庭劇がようやく船出
千代も参加する鶴亀家庭劇がようやく船出 - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が2月8日から10週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

千之助は一座に加わったが…第10週の場面カット【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪・南河内に生まれた竹井千代(杉咲花)が、女優の道を駆け上がる姿を描く物語。2月8日からは第10週「役者辞めたらあかん!」に突入する。

[PR]

 千代も参加する鶴亀家庭劇がようやく船出。しかし、旧天海一座の役者をはじめ、歌舞伎、新派、歌劇団など、喜劇と縁のない役者たちを寄せ集めたものだった。最初の稽古で、座長である天海一平(成田凌)が書いた台本を須賀廼家千之助(星田英利)がいきなり却下。そして「手違い話」という別の台本で旗揚げ公演を行い、しかも主役は自分でやると言うのだった。それは一平の思いとは大きく異なる台本ではあったが、一平は一座を前に進めるために、提案を受け入れる。

 だが、稽古をしても、どこかしっくりこない。それぞれの役者たちの思いがバラバラのまま、舞台の初日を迎えてしまう。喜劇の経験のない役者たちではなかなか笑いが生まれず、それには千之助も苛立ちを隠すことができない。そんななか、舞台にあがった千之助は突然、段取りの違うアドリブを連発し、客の笑いをとる。

 千代はその様子に感心するも、ほかの役者たちは戸惑い反発するばかり。とりわけ新派出身で、プライドの高い高峰ルリ子(明日海りお)は、喜劇なんてやるんじゃなかったと出ていってしまう。ルリ子に辞められては次の日の芝居ができないとあり、なぜかルリ子にひどく嫌われていた千代は説得のために会いにいく。そこで千代は思いがけないルリ子の過去を知るのだった。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]