『ゴジラvsコング』5.14日本公開!ゴジラ反撃!独自カット入り日本版予告公開

ゴジラとコング、対決の行方は!? 『ゴジラvsコング』場面写真
ゴジラとコング、対決の行方は!? 『ゴジラvsコング』場面写真 - (C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

 怪獣王ゴジラとキングコングの対決を描く映画『ゴジラvsコング』が、5月14日に日本で劇場公開されることが決定した。発表に合わせて、本作でハリウッドデビューを飾る小栗旬の独自カットも収められた日本版予告編と場面写真が公開された。

『ゴジラvsコング』日本版予告編

 本作は、米ワーナー・ブラザースとレジェンダリー、東宝が展開する“モンスター・ヴァース”シリーズの最新作。『GODZILLA ゴジラ』(2014)と『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーし、かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962)でも描かれた、夢のマッチメイクが再び実現する。

[PR]

 先日、全世界向けの予告編が公開された際には、コングがゴジラに強烈なパンチをお見舞いするカットなど、大迫力のバトルシーンが大きな話題に。日本版予告編では、ゴジラがコングに反撃する場面や、放射熱線を吐く場面など、日本独自のカットも収められている。さらに、小栗演じる新キャラクターのカットも追加。本作では、渡辺謙が演じてきた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮(れん)という、重要な役どころを務めるという。

 予告編における「破壊神vs守護神」というテロップが示すように、前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)の戦いで王として覚醒したゴジラは、人間を襲う存在になっている模様。一方のコングは、人間の少女と心を通わせる描写もあり、まさに人類の命運をかけたバトルを予感させる。予告編は、2月11日から全国の劇場で順次上映予定。(編集部・入倉功一)

映画『ゴジラvsコング』は5月14日(金)日本公開

映画『ゴジラvsコング』日本版予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]