門脇麦、両親がロケ参観「突撃も慣れました」

両親の突撃参観にも「慣れました」という門脇麦
両親の突撃参観にも「慣れました」という門脇麦

 女優の門脇麦が15日、都内で行われた映画『あのこは貴族』公開直前イベントに来場。共演者の石橋静河から、門脇と家族のエピソードが明かされるひと幕があった。この日は共演者の水原希子山下リオ岨手由貴子監督も来場した。

【写真】スタイル抜群!水原希子も登壇

 山内マリコの小説を原作にした本作は、結婚こそ幸福と考えて相手探しに奔走する箱入り娘の華子と、猛勉強して入った名門大学を家庭の事情で中退して自力で生きていく上京組の美紀という、異なる境遇の女性たちの人生が交錯し、世界を切りひらいていくさまを描き出す。

[PR]

 イベントでは、本作のタイトルにかけて「あのこは○○」と共演者のエピソードを明かす場面も。石橋は門脇のことを「家族想い」と紹介すると、「撮影が1日ロケだった日に、ご両親がいらしてましたね。距離感がステキだなと。なかなか現場に家族が来ることってないなと思って。お互いが独立してそこにいる感じがすごくステキだったんですよ。その関係がうらやましい」と振り返る。そんな言葉に、「うちの両親は地方ロケとかをしていてもすぐに来るんですよ。その日も差し入れにケーキを焼いてきたよと言ってきて」という門脇。「両親参観感はありますけど、でも慣れました。飛行機で来なきゃいけないようなところも、事前の連絡もなくヤッホーって。突撃も慣れましたね」とその家族関係を明かした。

 また、門脇は「わたしにとってすごく大切で、大好きな映画なので。ようやく公開されることがうれしいです」と切り出すと、自身が演じた華子について「東京の上流階級にいるお嬢さまという人を知っている人もなかなかいないでしょうし、わたしも知らなくて。周りにいるわけでもないですし。だからやはり固定概念で、お嬢さまね、と遠い存在になってしまいそうですが、なるべくそういうことは避けようと。なるべくちゃんと実在感があって、記号的ではなく、人間らしさが出るキャラクターにしたいなと心がけていました」とコメント。

[PR]

 美紀役の水原も「わたしにとっても大切な映画で。自分が出ている映画って観に来てほしいというのは恥ずかしくて言いづらいんですが、この映画はたくさんの人に来てもらって、温かい気持ちになってもらえたらと思える作品なのでうれしいです」と語る。さらに「自分も東京に憧れを持って出てきたという部分は、美紀ちゃんにリンクする瞬間があって。こんなにリラックスしてお芝居をしたことがないんじゃないかなというくらい、自分にとっては貴重な体験でした。すごくステキな役でした」と続けた。

 本作は、岨手監督自らが原作者に直談判したことから始まったという。「山内さんが今まで描いてきた地方出身の女性にプラスして、日本は階級社会である。その上で上流階級に暮らす女性たち、男性たちを描いた作品で、今まで自分が知らなかった世界と、共感できる世界が同時に描かれるのが魅力的で。山内さんの出版記念イベントにお邪魔して、サイン会に並んで直談判した記憶があります」という岨手監督。「もともとわたしの前の作品で、パンフレットに寄稿していただいていたので、面識はありました。見ず知らずの人間が押しかけたというわけではないですが、他の監督に渡したくないと思って。これは絶対に自分で映画化したいと思って実現した作品です」と強い思いを明かした。(取材・文:壬生智裕)

映画『あのこは貴族』は2月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]