新田真剣佑、世界で活躍できる俳優に!役者の“天下”を取りたい

役者としての夢を語った新田真剣佑
役者としての夢を語った新田真剣佑

 俳優の新田真剣佑が18日、スペースFS汐留で行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』(3月12日公開)の天下人に挑戦イベントに出席し、海外で活躍できる俳優になるという夢を語った。イベントには新田のほかに、共演者の鈴木伸之劇団EXILE)、渡邊圭祐、スペシャルゲストとしてマヂカルラブリー野田クリスタル村上)も登壇した。

新田真剣佑、野田クリスタル自作ゲームをクリア!イベントの様子【動画】

 新田が主演を務めた本作は、ある日突然、戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、仲間を守るために生死をかけて戦う姿を描く物語。この日は、ゲストの野田が“織田クリスタル”と称して、織田信長役の松山ケンイチが実際に撮影で使用した甲冑をまとって登場し、新田らと壇上でゲームを行って会場を盛り上げた。

[PR]

 トークゾーンでは、主人公の西野蒼を演じた新田が率先して生徒役のキャストとコミュニケーションを取るなど、座長として努力したことを振り返る。「撮影から1年が経ちますが、思い出に残っていることは、みんなで撮影後にご飯を食べに行ったこと。韓国料理のタッカンマリを食べて、その後はみんなで卓球に行きました。けっこう人数も多かったのですが、誰一人としてコミュニケーションが取れない人がいないよう、そういう場を設けさせてもらいました」という。

 そんな新田を頼もしく思ったと語る鈴木は「真剣佑が率先してみんなのことを誘ってくれて。今回チームで立ち向かうという話でチームワークが大事なので、みんなでいろんなことを話してコミュニケーションを取りました。撮影の合間の時間も楽しくて、こんな撮影なかなかないんじゃないかなと思った」と感謝。渡邊も「僕は敵役なのに(食事会に)招いてくれて、真剣佑の男気に感謝しています」と口にした。

 この日は、作品にちなんで「天下を取ってみたいこと」についてトークも展開。新田は「夢でもいいですよね?」と前置きしつつ、「海外で活躍する、日本語も喋れる役者の天下を取りたい」と発言。「真面目に回答してみました」と照れくさそうにしつつも、役者としての将来のビジョンを真剣な表情で明かした。

[PR]

 新田と鈴木、渡邊の3人は、先輩である松山の演技に感銘を受けた様子。新田は「(信長を演じた)劇中の松山さんは本当に怖かった。目力もオーラもすごくて、(ホトトギスのように)鳴かなかったら本当に殺されるんだと思うくらい」と演技に圧倒されたとのこと。鈴木も直接の絡みはなかったものの「(完成した作品を観て)近づけないくらいのオーラが伝わってきた。真剣佑の言う通り」と述べ、渡邊も「本当に怖かった。脇汗をかくほどでした」とそれぞれ共演を振り返った。(取材・文:名鹿祥史)

新田真剣佑、鈴木伸之、渡邊圭祐が野田クリスタル自作ゲームに挑戦!映画『ブレイブ -群青戦記-』天下人に挑戦イベント » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]