尾上松也、百田夏菜子の根性に感謝!完璧ピアノ演奏に驚き

『すくってごらん』で共演した尾上松也と百田夏菜子
『すくってごらん』で共演した尾上松也と百田夏菜子

 歌舞伎俳優の尾上松也が13日、TOHOシネマズ日本橋で行われた主演映画『すくってごらん』の公開記念舞台あいさつに、ヒロインを務めた百田夏菜子ももいろクローバーZ)らと共に出席。松也は、撮影前には全くピアノが弾けなかった百田が、本番の撮影で完璧な演奏を見せたことを明かし「あれでみんなが乗っていけた」と振り返った。この日は、柿澤勇人石田ニコル真壁幸紀監督も登壇した。

 金魚すくいを題材にした大谷紀子のコミックを実写映画化した本作。些細な失敗によって、東京の本社から片田舎に左遷されてしまったメガバンクのエリート銀行員・香芝誠(尾上)が、金魚すくい店を営む女性・生駒吉乃(百田)と出会い、不思議な体験をしながら、前に進んでいく姿を描く。

 百田が演じた吉乃は、ピアノが弾けるという設定。百田自身、まったくピアノの演奏はできなかったというが、真壁監督は百田の声と芝居、そして存在感に惹かれたことから「もしピアノをマスターできなくても、吹き替えで臨めばいい」という判断でキャスティングしたことを明かす。

[PR]

 しかし百田は、本番当日までに完璧なピアノ演奏を覚えてみせ、周囲を驚かせた。撮影を振り返った松也は「初めてピアノを弾くシーンの本番で、正直、僕はミスをしてしまうのでは……と思っていたのですが、完璧に弾いたんです」と百田の頑張りに衝撃を受けたといい「あれでみんなが乗っていけた」と撮影においても、大きなポイントになったという。

 そんな松也の言葉に百田は「この映画はわたしにとって初めての挑戦が詰まっていました。これまで音楽の世界にいながら、楽器を弾くことにはどうしても後ろ向きになってしまっていたのですが、松也さんがいつも一番近くで応援してくれたおかげで、なんとか前向きになれました」と笑顔を見せた。

 ピアノ演奏の収録日、松也は撮影が休みだったというが「わざわざ見に来てくれたんです」と百田。「松也さんと一緒じゃなければ、こんなに頑張れなかった。またご一緒したいです」とラブコールを送ると、松也は「百田さんはすごくフランクに接してくださって。嬉しかったです」と満面の笑みを浮かべていた。(磯部正和)

映画『すくってごらん』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]