ビートたけし原作『浅草キッド』門脇麦・土屋伸之・鈴木保奈美の出演決定!

映画『浅草キッド』に出演する土屋伸之・門脇麦・鈴木保奈美
映画『浅草キッド』に出演する土屋伸之・門脇麦・鈴木保奈美

 芸人・ビートたけしが、師匠・深見千三郎とすごした青春の日々を描くNetflix映画『浅草キッド』の新キャストが発表され、女優の門脇麦土屋伸之ナイツ)、鈴木保奈美らの出演が明らかになった。

ドラマ「うつ病九段」では羽生善治を演じたナイツ土屋

 本作は、昭和40年代の東京・浅草で、大学を中退して浅草フランス座に飛び込み、深見に弟子入りしたタケシが、師匠や個性と才能あふれる仲間たちとの日々を通じて、芸人・ビートたけしとなっていくさまを描く青春ドラマ。たけし作詞・作曲による「浅草キッド」、そして自叙伝「浅草キッド」を原作に、劇団ひとりが監督・脚本を務め、大泉洋が深見を、柳楽優弥が若き日のタケシを演じる。

[PR]

 門脇が演じるのは、タケシと共に夢を追いかける浅草フランス座の踊り子・千春。「監督の作品への愛情の深さと熱量が常に静かにひしひしと充満し、緊張感と多幸感で爆発しそうな撮影期間でした」と現場を振り返る。

 また、後にタケシと「ツービート」を結成するキヨシを演じるのは、ナイツの土屋。映画撮影の現場を「自分には場違い」と言いつつも「監督はじめ共演者スタッフの皆さんが浅草芸人の事を愛情持って深く理解してくれていたので、まさしく僕たちが体感してきた『人情』を同じ様に感じられる現場でした。すごく幸せでした。そして改めて、映画になる漫才師・ツービートの偉大さを思い知りました」とコメント。かつて、たけしに「舞台で漫才し続ける事がこれからは1番大事になって来るよ」と激励されたことを振り返りながら「その言葉をただひたすら信じてここまでやって来ました。本当に感謝しています」と語っている。

 そして、鈴木は、深見と共にフランス座を守る麻里役で出演。「劇団ひとり監督の、ビートたけしさんへの愛、尊敬、憧れ。絶対に撮りたいイメージ。口数少なく、しかし決して諦めない監督の思いを実現しようとチームが一致団結して撮影に臨む、あたたかく優しく純粋な現場でした」という鈴木は、出演が決まってすぐ、テレビ局でたけしに対面する機会があったといい「ご挨拶するのが精一杯でしたが、限りない優しさと少年のようなチャーミングさを感じ、原作の味わいがなお深まりました」と振り返っている。

 そのほか、いち早くテレビに活路を見出す深見の弟子・東八郎役で尾上寛之、劇場経営者として深見や麻里と深い親交があるタカラ座社長・田山淳役で風間杜夫が出演。演技派キャストが『浅草キッド』の世界を支える。(編集部・入倉功一)

映画『浅草キッド』は2021年冬、Netflixにて全世界同時配信予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]