今夜最終回!亀梨和也「レッドアイズ」クランクアップに「心からチームに感謝」

亀梨和也(中央)の晴れやかな表情!
亀梨和也(中央)の晴れやかな表情! - (C) 日本テレビ

 日本テレビ系のドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」が、今夜27日よる10時からの放送で最終回を迎える。主演の亀梨和也、共演のシシド・カフカ木村祐一が、クランクアップを迎えた写真が公開された。

【写真】豪華!「レッドアイズ 監視捜査班」キャスト陣

 本作は、婚約者を何者かに殺された元敏腕刑事・伏見響介(亀梨)が主人公。伏見が、監視カメラや防犯カメラの映像データをリアルタイムで解析して事件解決に役立てる組織「神奈川県警捜査分析センター(KSBC)」の特別捜査官として難事件に迫るさまを描く。シシドと木村はKSBCのメンバーを演じている。

[PR]

 ラストシーンを撮り終え、「オールアップです!」の声がかかるとスタジオから亀梨、シシド、木村に大きな拍手が送られた。木村は撮影を振り返り「めちゃめちゃ楽しかったです。最高のチームでした。この仕事を続けてこられて、亀ちゃんとは15年ぶりにお仕事をご一緒させてもらって『再会できる喜び』を感じましたし、今回初めて会った人もまた再会できるといいなぁという喜びがあるので、本当に感謝です。お話できなかった人もいると思いますが、どこか現場で会ったらこうして(レッドアイズの『見てるぞ』のハンドサイン)やってください。ありがとうございました」と完走した思いを語った。

 シシドは、「運動が苦手な私がアクションとはどうなることかと、クランクイン前は、ものすごくドギマギしておりましたけれども、亀梨さんはじめ皆さんのおかげでなんとか走りきることができることができて、嬉しく思っております」とコメントを寄せている。

 最後に亀梨は、「本当に皆さんお疲れ様でした。なかなかハードな部分も各部署たくさんあったと思いますけれど、改めてみんなでつくってるんだなということを非常に実感できる時間を過ごさせていただきました。世の中がこういう状況の中でも止まることなく、こうしてクランクアップを迎えられるということを本当に心からチームに感謝したいなと思います。僕に関して言うと、小さい時から日本テレビさんには非常にお世話になっているんですけど、今回は初めてお仕事させていただくスタッフの方たちが多かったので、改めて『連ドラってこれだよね』と、新鮮な気持ちでオールアップを迎えることができたことを大変ありがたく感じております。休めるときにはしっかり休んで、引き続き、皆さんと良い作品づくりを違う場所でも続けていけたらいいなと思います。本当にありがとうございました」と座長らしくスタッフ・キャスト全員に温かな労いの言葉をかけた。

 改めて大きな拍手が起こると、最後に亀梨が、「(コロナ禍で)打ち上げをできないのが本当に残念ですけど」とポツリ。すかさず木村が「打ち上げあったら、亀ちゃんと2人で青春アミーゴ歌ったのに。練習してたのになぁ」と合いの手をいれ、スタジオ中の笑いを誘っていた。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]