ADVERTISEMENT

松井玲奈、白塗り&丸刈りキャラに挑戦!『ゾッキ』顔の型取りに挑むメイキング映像

どっちが本物? 竹中直人監督と特殊メイクで変身した松井玲奈
どっちが本物? 竹中直人監督と特殊メイクで変身した松井玲奈 - (C) 2020「ゾッキ」製作委員会

 竹中直人山田孝之齊藤工(俳優名義・斎藤工)が、映画監督として共同制作した映画『ゾッキ』で、白塗り&丸刈りの特殊メイクに挑んだ松井玲奈が、撮影用に制作された、自分の人形の型取りに挑む様子を追ったメイキング映像が、松井のYouTubeチャンネルで公開された。

『ゾッキ』松井玲奈メイキング映像

 漫画家・大橋裕之の初期作品集を映画化した本作は、およそ30編にわたる短編のエピソードを織り交ぜて構成された、日常に巻き起こる不思議な笑いを描くヒューマンコメディー。松井は、竹中監督による演出パートに登場する“幽霊のような女”役を務め、全身白塗り&丸刈りという、強烈なビジュアルを披露している。

ADVERTISEMENT

 独特な本作の世界観のなかでも、ひときわ異彩を放つこの役に、松井は「こんな面白い役、人生で二度と無い」とオファーを快諾。美貌をかなぐり捨てた強烈なビジュアルを、竹中監督も「この役はもう松井さんしかいない! 現場にきたとき本物だ! と驚きました」と激賞している。

 撮影のため、このキャラクターそっくりの人形も制作する必要があったといい、松井は、顔の型取りにも挑戦。呼吸穴を残してゴムと石膏で顔全体を覆い、固まるまで暗闇のなかで待機し続ける、ハードな型取りに挑んだ。メイキング映像では、スタッフ4人がかりで、顔面を覆われていく松井の姿が映し出されており、自ら編集・ナレーションを務めた松井は、暗闇のなかで「死について何度も考えていた(笑)」と当時を実況風に振り返っている。

 本作にはそのほか、吉岡里帆鈴木福満島真之介柳ゆり菜南沙良安藤政信ピエール瀧森優作九条ジョーコウテイ)、木竜麻生倖田來未竹原ピストル潤浩渡辺佑太朗石坂浩二松田龍平國村隼らが出演。脚本は舞台演出家・劇作家の倉持裕が担当。大橋の生まれ故郷である、愛知県蒲郡市でロケが行われた。(編集部・入倉功一)

映画『ゾッキ』は全国公開中

【衝撃】特殊メイクしました【松井玲奈】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT