『インディ・ジョーンズ』第5弾にマッツ・ミケルセン出演!

“北欧の至宝”マッツ・ミケルセン
“北欧の至宝”マッツ・ミケルセン - Alessandra Benedetti - Corbis / Corbis via Getty Images

 テレビドラマ「ハンニバル」や映画『ドクター・ストレンジ』などで知られる北欧出身の人気俳優マッツ・ミケルセンが、映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾に出演することが決まった。Deadlineなどが報じた。

“北欧の至宝”現る、マッツ・ミケルセン画像集【全20枚】

 第5弾でも考古学者インディ・ジョーンズ役を務めるのは、40年前の第1弾『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から変わらずハリソン・フォード。シリーズ4作にわたって監督を務めてきたスティーヴン・スピルバーグは今回はメガホンは取らずに、プロデューサーとして参加。バトンを渡されたのは、『LOGAN/ローガン』『フォードvsフェラーリ』などのジェームズ・マンゴールド監督だ。第1弾から全作の作曲に携わってきた名作曲家ジョン・ウィリアムズが、音楽を担当する。

[PR]

 先日には、女性の主要キャストとして「Fleabag フリーバッグ」のクリエイター、脚本家、女優でもあるフィービー・ウォーラー=ブリッジの出演が発表されたばかりだった。そこに今回新たにマッツが加わった形だが、ストーリーや役柄については明かされていない。夏にも撮影開始予定で、2022年7月29日に全米公開。

 マッツは『ファンタスティック・ビースト』シリーズから降板したジョニー・デップ(悪役グリンデルバルド役)の代役を務めることも決まっており、人気フランチャイズ映画への出演が続くことになる。さらには主演を務めたデンマーク映画『アナザーラウンド』が第93回アカデミー賞で2部門ノミネートを果たすなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]