『ハリー・ポッター』マルフォイ母役ヘレン・マックロリーさん52歳で死去…マルフォイ父子が追悼

手をつなぐマルフォイ母子 - 画像はトム・フェルトンInstagramのスクリーンショット
手をつなぐマルフォイ母子 - 画像はトム・フェルトンInstagramのスクリーンショット

 映画『ハリー・ポッター』シリーズでナルシッサ・マルフォイ役を務めたイギリス人女優のヘレン・マックロリーさんが、ガンのため52歳で亡くなった。夫で俳優のダミアン・ルイスが現地時間16日にTwitterで明かした。

【画像】美しい…素顔のヘレンさん

 ガン闘病を続けてきたヘレンさんは自宅で安らかに息を引き取ったという。ヘレンさんとの間に2人の子供に恵まれたダミアンは「僕たちは彼女を愛していて、僕たちの人生に彼女が存在してくれてどんなに幸運だったかということを知っています。彼女はまばゆいばかりに燃え尽きました」と彼女への深い愛の言葉をつづっている。

[PR]

 『ハリー・ポッター』シリーズで息子ドラコ・マルフォイ役を務めたトム・フェルトンもヘレンさんを追悼。「こんなにも突然、さよならを言うことになってとても悲しいです。彼女に直接言う機会はなかったのですが、彼女はカメラの前でも後ろでも、僕の人としての成長の手助けをしてくれました。彼女はいつだって彼女自身であり、ウィットは鋭く雄弁で、優しくて温かい心の持ち主でした」「ありがとう、進むべき道を照らしてくれて。そして、僕が必要な時、僕の手を握ってくれて」とドラコの手を取るナルシッサの写真をInstagramにアップした。

 夫ルシウス・マルフォイ役のジェイソン・アイザックスは「数十年前、ヘレンと僕は一緒にオーディションを受けました。僕は家に戻って妻に『今まで会った中で最も偉大な女優に、さっき会ったと思う』と言いました」とヘレンさんとの出会いを回顧している。その後、彼女が素晴らしい女優というだけでなく、「ひどく面白くて、びっくりするくらいいたずらっ子で、惑星規模の大きな心を持っている」ことも知ることができたといい、「偉大なヘレン・マックロリーと夫婦を演じ、クスクス笑い合えたことは、これからもずっと『ハリー・ポッター』シリーズにおける僕のハイライトとなるでしょう」とInstagramにつづった。

[PR]

 ヘレンさんはもともと第5弾『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でベラトリックス・レストレンジを演じる予定だったが、妊娠のため降板。その後、ナルシッサ・マルフォイ役にキャスティングされ、第6弾『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、第7弾『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』、第8弾『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』に出演した。『ハリー・ポッター』シリーズ以外にも、映画『007 スカイフォール』『ヒューゴの不思議な発明』『クィーン』やドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」など数々の作品に出演してきた。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]