美 少年・浮所飛貴、初主演映画でキュンキュンに自信あり!

『胸が鳴るのは君のせい』で映画初主演を果たした美 少年・浮所飛貴
『胸が鳴るのは君のせい』で映画初主演を果たした美 少年・浮所飛貴

 浮所飛貴(ジャニーズJr./美 少年)が29日、東京・銀座の丸の内TOEIで行われた初主演映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)の完成報告イベントに登壇。「早く皆さんに観ていただきたいと僕自身も胸が鳴っております」と興奮を隠せない浮所が「キュンキュンさせれる自信があります!」と本作を声高らかにアピールした。この日は、浮所と共に共演者の白石聖板垣瑞生原菜乃華高橋洋人監督も来場した。

浮所飛貴、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華が登壇!イベントの様子【写真】

 本作は、紺野りさの同名コミックを原作にした青春ラブストーリー。転入してきた有馬隼人(浮所)と、彼と親友のような絆で結ばれた女子高生の篠原つかさ(白石)の関係の変化を描く。映画初主演の感想を求められた浮所は「まさに今、実感させていただいています」と語ると、多くの報道陣を前に「ちょっとばかし緊張しています」とはにかむ。撮影現場では「学園ものなので仲良く、一つのチームになれるようにスタッフさん含めて話しかけに行きました」と座長として積極的だったことを振り返った。

[PR]

 そんな浮所のことを「うっきー」と呼ぶ板垣は、自身も「みっきー」と愛称で呼ばれていることを明かして「うっきーにしかできない座長だったと思います。人と人の距離が本当になかった」とねぎらい。ヒロインを演じた白石も「浮所さんはムードメーカー的存在で撮影現場を明るく盛り上げてくださって、すごく楽しかったです」と笑顔を見せた。

 キャストとスタッフが一丸となって作り上げた本作だが、浮所は撮影時に「大丈夫かな? 観てくれる方はキュンキュンしてくれるかな? と不安だった」ことを打ち明ける。しかし、試写で観ると「ちゃんとキュンキュンできるポイントがあったんじゃないかな」と思ったそうで、「キュンキュンさせられるポイントではキュンキュンさせれた自信があります! 期待していてください」と声高らかに呼びかけた。

 また、作品にちなんで、プライベートで胸が高鳴るシーンを尋ねられる一幕も。浮所は「家でワンちゃんを2匹飼っているんですけど、家に帰って玄関を開けた瞬間、いっつも迎えに来てくれるところが本当にかわいい。2匹ともメスなのですが、毎日胸を鳴らされています。胸が何個あっても足りないです」と目じりを下げていた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]