柳楽優弥×有村架純×三浦春馬が手をつなぐ『太陽の子』場面カット

手を握り合う3人
手を握り合う3人 - (C) 2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

 柳楽優弥さん、有村架純さん、三浦春馬さんが共演した『映画 太陽の子』(8月6日公開)から、3人が手を取り合うシーンなどを収めた場面写真が公開された。

【場面写真】三浦春馬さんの笑顔シーンも

 本作は昨年NHKで放送されたドラマ「太陽の子 GIFT OF FIRE」に異なる視点と結末を加えた劇場版。1945年の夏を舞台に、3人の若者が時代に翻弄されながらも全力で生きる姿を描き出す。

[PR]

 物語の中心になるのは、原子核爆弾の開発という極秘任務に携わる科学者・石村修(柳楽さん)と、幼なじみの朝倉世津(有村さん)、修の弟で戦地で心に傷を負った軍人・裕之(三浦さん)という3人の若者。公開された場面写真9点はそんな3人のさまざまな表情に迫ったもので、数式を書き連ねて研究に没頭する修の“実験バカ”ぶりや、戦地から戻ってきた裕之の笑顔などが見て取れる。そのなかでも目を引くのは、3人が手を取り合うカット。戦争が終わった後の人生を考えている世津に背中を押され、未来の話をしようと手をつなぐ姿からは、厳しい状況のなかでも前向きに生きる彼らの強い決意と絆が感じられる。

 監督、脚本を務めたのは、連続テレビ小説「ひよっこ」や大河ドラマ「青天を衝け」で知られる黒崎博さん。『アルマゲドン』『ジョン・ウィック:チャプター2』のピーター・ストーメアさんがアインシュタインの声を担当しているほか、『愛を読むひと』のニコ・ミューリーさんが音楽を手掛けるなど、海外からも豪華な面々が集結した。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]