インドから新たな最強お父さん映画が誕生!ラジニカーント主演『ダルバール 復讐人』7月公開

ラジニカーントが最強お父さんに
ラジニカーントが最強お父さんに

 最愛の娘を奪われ、復讐の鬼と化す警察官の姿を描いたインドのアクション超大作『Darbar』の邦題が『ダルバール 復讐人』に決まり、7月16日より新宿ピカデリー他にて2週間限定で公開される。リーアム・ニーソン主演の『96時間』シリーズに代表される“最強お父さん映画群”に、インド映画界のスーパースター、ラジニカーント(『ムトゥ 踊るマハラジャ』や『ロボット』シリーズ)が殴り込みをかける。

【動画】『ダルバール 復讐人』予告編

 主人公は、政府高官に手腕を見込まれ、ムンバイ市警察長官に就任したアーディティヤ・アルナーチャラム(ラジニカーント)。最愛の娘と共に赴任したが、ムンバイでは麻薬がはびこり、女性を誘拐して売春を強要させる事件が多発していた。アーディティヤは麻薬密売組織の壊滅をめざして徹底的に摘発していくが、そのため組織の恨みを買い、娘と共に襲われてしまう。大切な者を奪われた上、犯人が特定できない状況に怒りを爆発させたアーディティヤは、警察官としての正義を捨て、復讐人として立ち上がる。

ダルバール 復讐人
背後には無数の死体! - 『ダルバール 復讐人』ポスタービジュアル

 併せて公開された予告編では、御年70歳のラジニカーントが繰り広げる超絶アクションと軽快なダンスが見ものだ。タイトルの「ダルバール」とは「裁判」という意味。怒れる父の裁きが今、下される。『サルカール 1票の革命』のA・R・ムルガダース監督がメガホンを取った。(編集部・市川遥)

[PR]
» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]