ADVERTISEMENT

“キサキ”間宮祥太朗の怪演が話題…!『東京リベンジャーズ』で強烈インパクト

映画『東京リベンジャーズ』より(配給:ワーナー・ブラザース映画)
映画『東京リベンジャーズ』より(配給:ワーナー・ブラザース映画) - (C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

 人気漫画を実写化した映画『東京リベンジャーズ』(公開中)で、重要キャラクターの稀咲鉄太(キサキ)役を務める間宮祥太朗の怪演が話題を呼んでいる。

再現度すごい!『東京リベンジャーズ』キャスト一覧【ギャラリー】

 アニメ化もされた和久井健の漫画「東京卍リベンジャーズ」を実写化した本作は、どん底の生活を送るフリーター・花垣武道(タケミチ)が、10年前にタイムリープし、失った元恋人を救うため、自分自身の人生を変えるため、過去への“リベンジ”に挑んでいく物語。北村匠海が主人公・タケミチを演じ、『賭ケグルイ』シリーズなどの英勉が監督を務めた。

ADVERTISEMENT

 主演の北村をはじめ、本作には山田裕貴(龍宮寺堅/ドラケン)、杉野遥亮(橘直人/ナオト)、今田美桜(橘日向/ヒナ)、鈴木伸之(清水将貴/キヨマサ)、眞栄田郷敦(三ツ谷隆/ミツヤ)、清水尋也(半間修二/ハンマ)、磯村勇斗(千堂敦/アッくん)、吉沢亮(佐野万次郎/マイキー)といった実力派の若手俳優が集結した。

『東京リベンジャーズ』
映画『東京リベンジャーズ』より - (C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

 その中で、間宮が演じたのは、10年前の世界で愛美愛主(メビウス)の幹部を務め、敵対する組織・東京卍會(トーマン)のトップであるマイキーに激しく執着するキサキこと稀咲鉄太。キサキは現在の世界では、マイキーと共にトーマンの最重要人物となっており、物語のキーパーソンという役割だ。

 出演発表時には、「登場人物は皆、喧嘩が強くて心の中に覇気を持っているけれど、僕が演じる稀咲(キサキ)にはその中でも特に容赦の無さみたいなものがある。不良、仲間、友情。シンプルで熱いお話なんですが、そこには暗い影も確実に落ちていて。その象徴が稀咲だと思いますし、この群像劇の中で1人だけ独立したような存在になればいいなと思っております」とコメントしていた間宮。

ADVERTISEMENT

 謎に包まれた存在ながら、巻き起こる出来事の裏で暗躍し、冷酷かつ狂気的な表情を浮かべるキサキを怪演し、強烈なインパクトを残している。Twitter上では「キサキ間宮ハマり役すぎる」「解釈合いすぎ」「キサキ度ハンパない」「キサキすぎて怖かった」と反響を呼んでいるほか、間宮が演じるキサキを「もっと観たい」という声もある。

 現在28歳の間宮は、これまでに映画『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』『不能犯』『翔んで埼玉』や「お前はまだグンマを知らない」シリーズ、ドラマ「BG~身辺警護人~」、連続テレビ小説「半分、青い。」、大河ドラマ「麒麟がくる」など数々の話題作に出演。最近では、1月クールのドラマ「オー!マイ・ボス! 恋は別冊で」の“ドS先輩”こと中沢涼太を魅力的に演じ、大きな注目を浴びた。

 なお、本作は公開週末の全国映画動員ランキング(興行通信社発表)にて1位を獲得するヒットスタートを切っており、早くも“続編”が期待されている。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT