鬼才ポール・トーマス・アンダーソンの全てがこの一冊に!9月17日発売

「ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス(仮)」書影は仮のもの
「ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス(仮)」書影は仮のもの

 世界三大映画祭全てで監督賞に輝いた鬼才ポール・トーマス・アンダーソンの傑作群を網羅し、読み解く一冊「ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス(仮)」が、9月17日に発売されることに決まった。

【画像】中身をちら見「ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス(仮)」

 デビュー作『ハードエイト』から『ブギーナイツ』『マグノリア』『パンチドランク・ラブ』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ザ・マスター』『インヒアレント・ヴァイス』『ファントム・スレッド』まで、完璧主義者として知られるアンダーソン監督の映画をそれぞれ1章割いて分析するほか、彼が手掛けたドキュメンタリー『JUNUN』やミュージック・ビデオも紹介。場面写真や描き下ろしイラスト、映画ポスターなど豊富なビジュアル300点に加え、プロデューサー、編集技師、撮影監督、衣装デザイナー、美術監督、さらには音楽のジョニー・グリーンウッド、女優のヴィッキー・クリープスなどアンダーソン監督の共同制作者たちのインタビューも収めた豪華決定版となっている。

[PR]

 序文は、『グッド・タイム』『アンカット・ダイヤモンド』などの監督であるジョシュ&ベニー・サフディ兄弟が寄せた。ロバート・アルトマン監督作やマーティン・スコセッシ監督作など、アンダーソン監督に影響を与えた作品との関係もひもとかれており、ファン必読の書といえる。オールカラー288ページだ。(編集部・市川遥)

「ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス(仮)」は9月17日発売予定(4,500円+税) 発行元:DU BOOKS 発売元:株式会社ディスクユニオン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]