スピルバーグ版『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像&US版ポスターが公開

『ウエスト・サイド・ストーリー』US版新ポスタービジュアル
『ウエスト・サイド・ストーリー』US版新ポスタービジュアル - (C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が超有名ミュージカルを映画化する最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)から、新たな予告編とUS版の新ポスタービジュアルが公開された。

【動画】『ウエスト・サイド・ストーリー』予告編

 1957年に誕生したミュージカル「ウエスト・サイド物語」はブロードウェイを席巻し、1961年にはロバート・ワイズ&ジェローム・ロビンズ監督によって映画化もされた伝説の作品。スピルバーグ版では、『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートが主人公トニーにふんするほか、ディズニーの実写版『白雪姫』の主演抜擢で話題のレイチェル・ゼグラー、61年の映画でアカデミー賞助演女優賞を受賞したリタ・モレノらが出演する。

[PR]

 物語の舞台は、社会の分断の中で貧困や差別に直面した若者たちが同胞の仲間と結束し、特にポーランド系移民のジェッツとプエルトリコ系移民のシャークスが激しく対立する1950年代のニューヨーク。公開された予告編は名曲「Tonight(トゥナイト)」から幕を開け、シャークスのリーダーを兄に持つマリア(レイチェル)と、ジェッツの元リーダーであるトニー(アンセル)が出会い、一瞬で惹かれあう様子が映し出される。

 しかし、対立するグループ同士の恋は許されず、マリアは兄から「奴には会うな」と釘をさされ、トニーは仲間からシャークスとの戦争に協力することを頼まれてしまう。映像には華やかなダンスシーンもあり、スピルバーグ監督初のミュージカル作品に期待が高まる。

 脚本は『リンカーン』のトニー・クシュナーが担当。さらに、トニー賞受賞歴のあるジャスティン・ペックが振付を手掛けている。(須田璃々)

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新予告「Tonight(トゥナイト)」編 12月10日(金)公開 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]