ADVERTISEMENT

橋本愛、人生を救われた映画を明かす 東京国際映画祭アンバサダーに就任

第34回東京国際映画祭フェスティバル・アンバサダーに就任した橋本愛
第34回東京国際映画祭フェスティバル・アンバサダーに就任した橋本愛

 女優の橋本愛が28日、都内で行われた第34回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見に出席。フェスティバル・アンバサダーに就任した橋本は、本映画祭を通じて「自分の人生を丸ごと救われた」経験をしたことを明かした。

【動画】第34回東京国際映画祭の予告編

 無類の映画好きとして知られる橋本自身、東京国際映画祭にはよく通っていたそうで、「この季節になると、ちょっとでも暇ができたら東京国際映画祭のサイトを見て、席が空いているなと思ったら映画を観ようと。なんかそういう日常の延長線上にこの映画祭があったりもするんです」と切り出す。

ADVERTISEMENT

 続けて「本当に思い出深い出来事がたくさんあって。自分の人生を丸ごと救われたかのような体験もさせていただきましたし、観客として作品を観て、映画に助けてもらったというのがこの映画祭をきっかけにありました。自分が出演した作品を上映させてもらって、レッドカーペットを歩かせていただいたり、舞台あいさつをさせていただいたり、皆さんにお会いしてというご縁があるなと思っていたので、今回アンバサダーとしてのご縁をいただいて、心よりありがたいなと思っております」と笑顔を見せた。

 その「人生を救われた体験」について質問を受けた橋本は、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』を本映画祭で鑑賞したことを明かすと、「(印象的な場面で)愛されなかったから愛を知ったんだという言葉があって。目からウロコというか、そっかと思って。得られなかったからこそ、自分が何がほしいかが分かるじゃないですか。その言葉で、自分がうまく付き合えなかった人たちにも、だから私はこういう気持ちを知れたんだという、むしろ感謝の気持ちが生まれて。すごくありふれた言葉になってしまいますけど、本当に人生を変えてくれました」と付け加えた。

ADVERTISEMENT
東京国際映画祭
(左から)吉田恵輔監督、橋本愛

 さらに「今年の映画祭に求めること」について尋ねられると、「今でも十分、楽しませていただいていますが」と前置きしつつも、「映画祭そのものというよりは、文化芸術そのものが日本という島国に、もっと地中深くに根をはっていったらいいなという思いがあって。そのためには皆さん一人一人の生活の中にもっと映画だったり、いろんな芸術がいい意味で蔓延っていけたらいいなと思っています。だからこの映画祭も、皆さんの生活だったり、人生の中にもっともっと大きな一部になっていけるように、現状に満足せずに、もっともっとどうしたらいいかということを前向きに考えていけたらなと思います」とコメント。「わたしもお客さんとして楽しんでいけたらと思います」と期待を語った。

 また、コロナ禍における文化・芸術について触れた橋本は「もちろん人体の危機を医療が救ってくれたりということはありますけど、でも文化芸術というのは、心の命を救ってくれるものだと思っていて。どっちが死んでも駄目なんだ、その一端を芸術が担っているんだという意識がすごく強いです。だから文化芸術は今、早急に必要ないという考えに触れるとちょっと苦しいなと思ってしまいます」と思いを口にする。

 そして「しんどい気持ちでいる人には、今、映画や芸術、文化があるよと。少しでも癒やしを得てもらいたいなという気持ちがすごく強いので。自分も俳優として、そういう作品をひとつひとつ大事に作っていますし、一人一人の心に届いてほしいなという思いでやっています」と心境を吐露するひと幕もあった。(取材・文:壬生智裕)

第34回東京国際映画祭は10月30日~11月8日に日比谷、有楽町、銀座地区にて開催

第34回東京国際映画祭:予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT