ADVERTISEMENT

安田顕、久々の満席の会場に緊張でパニック?

金子大地、安田顕、ファーストサマーウイカ
金子大地、安田顕、ファーストサマーウイカ

 安田顕が25日、テアトル新宿で行われた映画『私はいったい、何と闘っているのか』(12月17日公開)の完成披露上映会に登壇し、緊急事態宣言の解除に伴い満席となった会場で率直な思いを吐き出した。この日は、共演者の金子大地ファーストサマーウイカ伊集院光李闘士男監督も来場した。

安田顕、ファーストサマーウイカ、金子大地ら登壇!完成披露上映会の様子【写真】

 本作は、つぶやきシローによる小説の映画化。地元密着型スーパー「ウメヤ」に勤める万年主任の伊澤春男(安田)が、仕事や家族のために悪戦苦闘する日常と、店長昇格を懸けた闘いの行方を描く。

ADVERTISEMENT

 盛大な拍手で迎えられた安田は、満席での上映が可能となった会場を見渡しながら「席の間隔がない形でお集まりくださり、本当にうれしいです。(報道陣のカメラによる)たくさんのフラッシュ、うれしいです。たくさん焚いていただければと思います」とご機嫌にあいさつ。

 安田の起用について、李監督は「伊澤春男は頑張れば頑張るほど、やらかしちゃう人。頑張れば頑張るほど、格好良く見えない人がいいと思った。その様がチャーミングになる人は誰か? と考えたときに安田さんを思いついた」と説明。それに安田は「すごくありがたいお言葉」と感謝しながらも「何か面白いことを言わなきゃと思った瞬間に面白いことが出てくる人間じゃないんです。結果的に面白くなっちゃたね、で何となく生きてきた人間」と自己分析。「格好つけなきゃ! という状態で格好よく映ったことがない」「何かを必死にやっているときにクスッと笑われる」とボヤく。

 また、作品にちなんで最近パニックになったことを問われた安田は「うれしいパニック」として「この映画の演出で『本当にお酒を飲んでください』と言われたシーンがありました」と報告。李監督とは映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018)でもタッグを組んでおり、その際に安田は「クランクアップのとき、居酒屋のシーンで監督に無断でお酒を飲んで苦労をかけたんですよ」と明かしつつ、今回のクランクアップでは「(李監督からの)粋な計らいというか、『あなたが終わるときは、お酒を飲んで終わりなさい』と言っていただけました」とうれしそうに打ち明けた。

ADVERTISEMENT

 「ウメヤ」の店長を演じた伊集院は登壇前の出来事として「この人数で、時間もそれほどないから、みんなでワイワイやったら終わるなと思っていたら、主役が想定質問を見ながら『これが来たら、こう答えようか……』と一人でパニクってるんです。それ見て、みんなもパニクりはじめて」とリーク。安田は「やり直しがきかないし、この時期にこうやって集まってきてくれたお客さんと対面すると思うと緊張しちゃって」とコメント。当初のご機嫌ぶりからはうかがい知れない緊張があったことを、照れ笑いを浮かべながら話していた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT