ADVERTISEMENT

『マッドマックス』フュリオサ単独映画、メインキャスト一人が降板

画像は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』シャーリーズ・セロンふんするフュリオサ
画像は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』シャーリーズ・セロンふんするフュリオサ - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のスピンオフ『フュリオサ(原題) / Furiosa』から、メインキャストのヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世が降板したと、Deadlineが独占で報じた。

【画像】降板したヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世

 マッドマックス 怒りのデス・ロード』でシャーリーズ・セロンが演じた丸刈り&義手の戦士フュリオサの過去を描く本作。Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」などのアニャ・テイラー=ジョイが若き日のフュリオサ役を務め、『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースも出演する。

ADVERTISEMENT

 同サイトによると、ヤーヤはスケジュールの都合により降板。作品名は明かされていないが、本人が熱を注いできた企画が最近になって前進したことから、最終的に『フュリオサ(原題)』からの降板を決断したという。すでにヤーヤの代役として、『Mank/マンク』などのトム・バークが起用されている。

 ジョージ・ミラー監督がメガホンを取る本作は、オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州で撮影される予定。全米公開日は先日、2023年6月23日から2024年5月24日へと延期された。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT