ADVERTISEMENT

豊川悦司、中村倫也とのバディ刑事ドラマで「相棒」ライバル宣言「勝つまでやります」

異色の刑事コンビ役に挑んだ中村倫也と豊川悦司
異色の刑事コンビ役に挑んだ中村倫也と豊川悦司

 俳優の豊川悦司中村倫也が17日、都内で行われた Amazon Prime Video オリジナルドラマ「No Activity/本日も異状なし」の配信記念ドライブインシアターイベントに出席。共演を振り返りながら、お互いの印象を語った。

【写真】木村佳乃・岸井ゆきのも出席!ドライブインシアターイベント

 本作は、オーストラリアの大ヒットコメディーを日本版としてリメイクした刑事ドラマ。一見エリートだがハッタリだらけの万年ヒラ刑事・時田信吾(豊川)と、人たらしで刺激を求める今時な新米刑事・椎名遊(中村)がバディを組み、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす騒動を描く。この日は主演の2人に加え、共演者の木村佳乃岸谷五朗岡山天音岸井ゆきの英勉監督、脚本を担当したお笑い芸人のじろうシソンヌ)も登壇した。

ADVERTISEMENT

 ドラマについて「とても素晴らしいおもちゃをいただけたような気分」と語った豊川は、「素晴らしい共演者、監督、脚本がある中、くだらないことを思い切りやらせてもらった」と充実の表情。「ライバルは『相棒』です」と高らかに宣言し「勝ちます! 勝つまでやります! シーズン300、400まで行こうがやります!」と人気刑事ドラマにライバル心を燃やすと、隣の中村も同調しながら「健康に気をつけてやらないとね」とゆるく応じた。

 豊川は、じろうの脚本を読んだ時から、その魅力に心が踊ったといい「じろうさんの言葉は、生きている言葉ばかり。こんなにくだらない言葉が、こんなにも生き生きと聞こえるんだって。早く中村くんとやりたいって思いました」と笑顔。一方、バディを組んだ中村は、豊川が演じた時田のチャーミングな魅力にメロメロだったといい、「最高でしたよ。本を読んでイメージしている時からニヤニヤしていたんですけど、現場に行くと予想をはるかに上回るチャーミングさで」とこちらも満面の笑みを浮かべる。

 さらに中村は、時田について「最初は先輩の刑事、警官として緊張感を持ってやっていたんですけど、だんだん『ちゃんとごめんなさいって言えたね』みたいな気持ちになってきて。この子は僕が育てる! って、ペットの子犬を見るような気持ちになりました。撮影が楽しかった」と愛着を告白。一方の豊川も、中村演じる椎名について「すごく頼りになる弟分。一緒にいると慰めてもらえるし、チャチャも入れてもらえる。狭い場所での張り込みも、(椎名と)一緒にいると楽しいものになっていくんです」と語るなど、お互いにすっかりお気に入りの様子だった。(取材・文:名鹿祥史)

「No Activity/本日も異状なし」は Amazon Prime Video 独占配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT