ADVERTISEMENT

大河「鎌倉殿の13人」菅田将暉、源義経役は「ファンキーで楽しい」 共演者から可愛いの嵐

菅田将暉
菅田将暉

 俳優の菅田将暉が17日、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1月9日スタート、NHK総合ほか)オンライン出演者会見に出席。三谷幸喜が描くこれまでと趣の違う源義経を演じる菅田は「演じていて気持ちいい」と感想を述べていた。会見には主演の小栗旬をはじめ、新垣結衣小池栄子大泉洋清水拓哉チーフ・プロデューサーも参加した。

【写真】大河「鎌倉殿の13人」役衣装

 本作は、源平の合戦を経て、武士の時代を作り上げた鎌倉幕府誕生時の将軍・源頼朝(大泉)の右腕と称された北条義時(小栗)が、その地位に上り詰めるまでの人生を描く。菅田は頼朝の弟で、悲劇の天才武将と呼ばれた源義経を演じる。

ADVERTISEMENT

 義経と言えば天才武将という側面が強いが、菅田は「もちろんそういう側面もありますが、英雄になる前の人間らしい部分をコミカルに描いてくれています」と三谷脚本の特徴に触れると「ちゃんとダメなところも描かれているので演じていてファンキーで楽しい」と笑顔を見せる。

左から菅田将暉、新垣結衣、小栗旬、大泉洋、小池栄子

 共演する源頼朝役の大泉も「義経はめっちゃ可愛いよね。下手したらガッキーよりも可愛いかも」とあおると、北条政子を演じる小池も「嫉妬するぐらい可愛い」と追随。菅田は「本当にとても真っ直ぐな男なので、演じていて気持ちいいです」とノリノリで演じていることを明かす。
 
 小栗演じる主人公・義時は物語序盤、源頼朝をはじめ、とにかく周囲から振り回される。映画『銀魂』シリーズなど、過去に何度も小栗と共演経験がある菅田は「小栗さん自身は振り回されるタイプではなく、周りを巻き込むタイプですよね」と義時とは違う部分を挙げるが「でも誰かの架け橋になって人と人を繋ぐ部分が、義時と小栗さんの共通点だと思います」と分析していた。

ADVERTISEMENT

 また劇中、とにかく振り回される義時を見ていた菅田は「今回久々に小栗さんのギョロギョロとした目を見ることができました。あの一重か二重か分からない目が大好きなんです」とラブコールを送ると、小栗は「いま撮影しているあたりでもまだずっと義時は困っているんです。もう少し渋めな感じのつもりだったのに……」と苦笑していた。

 義経と言えば、壇ノ浦の合戦の際、八艘飛びなど派手なアクションシーンも期待される。第1話でも馬上での華麗なシーンがあるが、菅田は「大きな鎧をつけて飛び回るのはかなりのトレーニングが必要ですからね。もう2年以上かけてやっていますよ!」と冗談交じりに期待をあおっていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT