ADVERTISEMENT

Koki,、初主演映画の完成披露で感極まり涙「演じることに夢中に」

女優デビューに感極まったKoki,
女優デビューに感極まったKoki,

 モデルのKoki,が19日、都内で行われた主演映画『牛首村』(2月18日公開)の完成披露試写会に登壇。一人二役で映画初主演を務め、女優デビューを果たしたKoki,は、大勢の観客を前に感極まり、思わず涙ぐむ場面があった。この日は共演者の高橋文哉芋生悠大谷凜香松尾諭清水崇監督も来場した。

Koki,の顔が恐怖でゆがむ!『牛首村』本予告【動画】

 本作は、清水監督が手掛けたホラー映画『犬鳴村』『樹海村』に続く、心霊スポットをテーマにした「恐怖の村」シリーズの第3弾。今作では富山県の坪野鉱泉を舞台に、自分にそっくりの少女の動画を見たヒロインが、とある村の奇妙な風習にまつわる恐ろしい体験に巻き込まれる。Koki,はヒロインである女子高校生の雨宮奏音と、彼女とうり二つの三澄詩音の二役を演じている。

ADVERTISEMENT

 二役を演じたKoki,は「演じることがこんなに楽しいんだ、こんなにも夢中になって好きになれるものなんだと気づかせてくれました」と撮影の日々を回顧。清水監督のアドバイスを受けて「ほんの小さな目の動きや唇の動きでも緊張感が途切れてしまうので、気をつけながら演じていました」と説明すると、清水監督も最初は芝居が硬く、本人のクセが出ていたことを明かしつつ、「それを伝えると、そこに意識が一発でいく。呑み込みが早いと思いながら、一緒に緊迫した空気を作れたのはうれしかったです」と初タッグを喜んだ。

牛首村

 詩音の恋人である将太役の高橋も「緊張とか、いろんな期待もプレッシャーもあったと思うけれど、ドンと構えていました」とKoki,の印象を打ち明ける。「気持ちを持っていかれるくらいKoki,ちゃんの芝居にのめり込んで、一緒にシーンを作れました」と感謝も示した。

 そんな高橋の言葉にすかさず反応した松尾から「気持ちを持っていかれるというのは、つまり好きになると言うことですか?」と詰められた高橋は、「将太として」であることを強調するが、執拗な問いかけに「好きですよ、もちろん」と陥落。清水監督までもがKoki,に向かって「今、告白されたけど、どう?」と悪ノリすると、Koki,は笑いながら「(将太の)詩音に対する大切な強い思いが感じられていたので、詩音と将太になったとき(のシーンで)は切り替えがしやすかったです」と感謝の思いを伝えた。

ADVERTISEMENT

 松尾をMC役に楽しくトークを繰り広げた後、締めのあいさつの段になると、思わず涙ぐむKoki,。清水監督らから「頑張れ!」とエールを背中で受けながら「チームのみなさまに心の底から感謝しています。最初に演技という経験を清水監督のもとでさせていただけたことを本当にうれしく思います」と涙ながらにコメント。最後は、「すみません、感情的になってしまったのですが、このあと映画の上映になります。本当に今日はありがとうございました」と晴れやかな笑顔を見せていた。(錦怜那)

Koki,の顔が恐怖でゆがむ!『牛首村』本予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT