ADVERTISEMENT

『シン・ウルトラマン』公開3日間で興収9.9億円突破!『シン・ゴジラ』上回るスタート

ヒットスタートを切った『シン・ウルトラマン』から「禍特対」記念写真
ヒットスタートを切った『シン・ウルトラマン』から「禍特対」記念写真 - (C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

 東宝は16日、先週末に公開された映画『シン・ウルトラマン』の公開3日間における興行成績が、観客動員64万人、興行収入9億9,000万円を突破し、2022年における邦画実写ナンバーワンとなるスタートを切ったと発表した。

禍特対メンバー&ウルトラマン『シン・ウルトラマン』場面写真(全12枚)

 全国401館(IMAX39館含む)で公開された本作は、初日となった5月13日(金)に動員19万1,302人、興収2億9,010万2,400円を記録。そこから、14日(土)に動員25万5,554人・興収3億9,843万2,500円、15日(日)に19万4,946人・興収3億487万5,150円を記録し、3日間の累計成績は動員64万1,802人・興収9億9,341万50円となった。

ADVERTISEMENT

 東宝によると、最終興収82億5,000万円を記録した『シン・ゴジラ』(2016)の公開3日間成績(動員56万4,332人、興収8億4,567万5,500円)と比較して、興収対比で約117%、観客動員対比で約113%のヒットスタートとなり、これからどれだけ数字を伸ばすかも注目される。

「ウルトラマン」の科特隊集合写真 (C)円谷プロ

 このヒットを記念して、2019年の本編制作中に撮影された「禍威獣特設対策室専従班(禍特対)」メンバーの記念写真が公開された。禍特対メンバーを演じる斎藤工長澤まさみ西島秀俊有岡大貴早見あかりが写る写真は、1966年に放送された、初代「ウルトラマン」に登場する「科特隊」の集合写真をオマージュした構図となっている。

 企画・脚本を庵野秀明、監督を樋口真嗣が務めた本作は、巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)の存在が日常となった日本を舞台に、防災庁の専従組織・禍特対(カトクタイ)の面々と、突如として地球に降着した銀色の巨人・ウルトラマンの活躍を描く空想特撮映画。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT