ADVERTISEMENT

神尾楓珠、映画公開前夜祭に感激!佐野晶哉は「もっとフレッシュに頑張ろう」刺激受ける

『20歳のソウル』前夜祭の様子
『20歳のソウル』前夜祭の様子

 神尾楓珠が26日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『20歳のソウル』公開前夜祭に来場し、初日を目前にした感激の思いを述べた。この日は福本莉子佐野晶哉Aぇ! group関西ジャニーズJr.)、佐藤美咲佐藤浩市秋山純監督も登壇した。

神尾楓珠、福本莉子、佐野晶哉ら登壇!公開前夜祭の様子【写真】

 中井由梨子のノンフィクション小説を実写化した本作は、千葉県船橋市立船橋高等学校で受け継がれている応援曲「市船soul」を生み出し、20歳の若さでこの世を去った浅野大義さんの実話に基づく物語。公開前日となったこの日は前夜祭が実施され、現役の市船吹奏楽部が演奏する「市船soul」にのって、市船ダンス部「PIRATES」(パイレーツ)が登場し、キレのいいパフォーマンスを披露するなど華やかに盛り上げた。

ADVERTISEMENT

 「PIRATES」のパフォーマンス終了後にステージに登壇した神尾は「本当に豪華なオープニング。前夜祭ということでダンス部の皆さんもパフォーマンスで盛り上げてくださって。ありがたいなと思っています」と感激の表情を浮かべる。

02
『20歳のソウル』前夜祭の様子

 佐野も「僕にとっては始めてのスクリーンデビュー、初めての映画だったんですけど、これから先、こんな役、こんなすてきな作品に出会えるのかなと思うくらい運命的な出会いでした」と晴れやかな表情。さらに「PIRATES」のパフォーマンスについて「僕も3年前までは高校生だったんですけど、あんなフレッシュさはないなと思っちゃいました。僕らもグループも、もっとフレッシュに頑張ろうと思いましたね」と語ると、神尾が「でも見た目が大人っぽいですからね」とフォローするひと幕もあった。

 さらに秋山監督は、「大義くん、こんなにすてきな会場にすばらしい俳優がたくさんいて、そして君の後輩たちが3年ぶりに『市船soul』をグラウンドで演奏するという、奇跡のようなことがあって。そしてダンス部のみんながこうやって映画館で踊るという。まさに優しくて、派手好きで、目立つことが大好きな大義くんも今、会場のどこかですごく喜んでくれているんじゃないかなと思っています」としみじみと付け加えた。

ADVERTISEMENT

 そしてこの日は、原作者の中井由梨子も来場。そんな彼女に向けて、本作のモデルのひとりである、吹奏楽部顧問の高橋賢一先生から手紙が寄せられた。そこには、中井が情熱を持って浅野さんの人生に向き合ったこと、そしてその情熱があったからこそ、映画公開にまでこぎつけ、そして浅野大義さんの生きざまを多くの人の目に届くようにしてくれたことへの感謝の思いなどがせつせつとつづられ、「大義は明日から日本中を旅します。空から『やったぜ、日本中の人に会えるぜ。ありがとう中井さん』と言っているような声が聞こえてくるようです。明日からこの映画は一人歩きしていくだけなので、あとは見守るだけです」と締めくくられていた。

 その手紙を涙を浮かべながら聞いていた中井は「ビックリしております」としみじみ語ると、この日の会場に浅野さんの家族が来場していること、そしてこの作品が人々の心に残る作品となったのは、彼の家族の愛情があったからこそである、ということをせつせつと語り、感謝の思いを述べた。

 その言葉を聞いていた神尾は「この映画には、たくさんの方の思いと、大義くんのカッコいい生きざまが描かれています。高橋先生が、これからは一人歩きしていくこのタイミングをみんなで見守ると言っていましたけど、この映画を観た方々のことを、大義くんはこれからもずっと見守ってくれているだろうなと思います。なので、本当にたくさんの方に観ていただけたらうれしいです」と会場にメッセージを送った。(取材・文:壬生智裕)

映画『20歳のソウル』は5月27日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT