ADVERTISEMENT

生田斗真「鎌倉殿の13人」で三谷作品初参加 後鳥羽上皇の側近、源仲章役で小栗旬に「キュン」

生田斗真
生田斗真

 俳優の生田斗真が、小栗旬主演・三谷幸喜脚本の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)に出演することが10日、明らかになった。生田が演じるのは、後鳥羽上皇の側近、源仲章(みなもとのなかあきら)。大河ドラマへの出演は、「軍師官兵衛」(2014)、「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019)に続いて3作目となり、三谷作品は初参加。主演の小栗とは共演歴があり親交が深く、久々の共演に「小栗さんとは久しぶりの共演となりますが、キャストスタッフの皆さんをいつも大切にしていて、本当に素晴らしい座頭です。ただ、私の長台詞をまるまる覚えてきて『間違えたらすぐ指摘してやろうて思って』と笑う彼は、20代の頃のイタズラ小僧の顔をしておりました。そんなところも素敵です。キュンです。シュンです」とコメントしている。

【写真】激変!白石和彌監督プロデュースの主演映画

 本作は、鎌倉時代を舞台に、野心とは無縁だった伊豆の若武者・北条義時(小栗)が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)にすべてを学び、武士の世を盤石にした二代執権に上り詰めていく物語。生田演じる源仲章は、義時と上皇の間で暗躍する役どころ。生田は、「今回私が演じます源仲章は、後鳥羽上皇に仕えながらも、源実朝の教育係として、幕府にも出入りしており、スパイのような役回りをしていたのではないかと言われる人物です。未だ謎に満ちた人物ではあるのですが、思い切って、大胆に演じたいと思います」と意気込みを語っている。

ADVERTISEMENT

 大河の出演は「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」以来。「いだてんでは、スウェーデンでの長期ロケがありまして、非常に思い出深いです。日本人スタッフとスウェーデン人スタッフが本当に仲が良く、みんなで打ち上がった夜は忘れられない素晴らしい思い出です。中村勘九郎さん、竹野内豊さんと遊園地に行った事もありました!」と撮影を振り返っている。

 生田と小栗は、ドラマ「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」(2007)、「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(2015)などで共演。なお、後鳥羽上皇を演じる尾上松也は、生田の高校の同級生で20年来の親友。昨年8月には、尾上が2009年より主宰する歌舞伎自主公演シリーズの最終公演『「挑む」Vol.10 ~完~』に生田が特別出演し、初共演を果たした。

 新キャスト発表はドラマの公式Twitter上で8日から3日間にかけて行われ、菊地凛子(北条義時の第三の妻のえ役)、関智一(朝廷の実力者・土御門通親役)、山中崇(北条時政とりくの娘婿・平賀朝雅役)、福地桃子(北条泰時の妻・初役)、シルビア・グラブ(大政治家・藤原兼子役)、山谷花純(源頼家の側室・せつ役)、北香那(源頼家の正室・つつじ役)、山本千尋(善児に育てられた孤児・トウ役)、山寺宏一(名僧・慈円役)の出演も決定した。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT