ADVERTISEMENT

『ONE PIECE』前週上回る成績でV4!竹内涼真&横浜流星『アキラとあきら』が初登場3位

映画週末興行成績

『ONE PIECE FILM RED』
『ONE PIECE FILM RED』 - (c)尾田栄一郎/ 2022「ワンピース」製作委員会

 8月27日・28日の週末全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ONE PIECE FILM RED』が前週を上回る成績で4週連続1位を獲得した。新作は4本がランクイン。竹内涼真横浜流星主演の『アキラとあきら』が2日間で観客動員9万6,000人、興行収入1億3,300万円、3日間の累計で動員13万5,000人、興収1億8,500万円をあげ、3位のスタートとなった。

【画像】スーツ姿の竹内涼真&横浜流星『アキラとあきら』

 『ONE PIECE FILM RED』は2日間で動員83万2,000人、興収12億900万円と前週を上回る成績をあげ、累計では公開20日目の時点で興収100億円を突破。公開23日間で動員820万人、興収114億5,400万円を記録した。

ADVERTISEMENT

 2位は『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』。2日間で動員12万7,000人、興収2億円をあげ、4週連続で2位をキープした。累計では動員367万人、興収54億8,400万円超え。『トップガン マーヴェリック』は前週の3位からワンランクダウンとなったが、累計では動員744万人、興収118億円を突破した。

 初登場3位の『アキラとあきら』は、ドラマ「半沢直樹」などの人気作家・池井戸潤の小説を映画化。竹内と横浜演じる同じ名前だが生まれも育ちも全く異なる二人の青年が、同期入社したメガバンクで試練に立ち向かう。共演に高橋海人(高ははしごだかが正式表記)、上白石萌歌ら。監督は、『今夜、世界からこの恋が消えても』『TANG タング』など映画公開が相次ぐ三木孝浩

 5位の『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』は、「夏の思い出、 ゲットだぜ!25周年ポケモン映画祭」の第3弾作品。7位の『異動辞令は音楽隊!』は、『ミッドナイトスワン』などの内田英治監督がYouTubeで偶然見かけた映像に着想を得てオリジナル脚本を執筆。阿部寛演じる警察音楽隊に異動させられた鬼刑事の奮闘を描く。共演に清野菜名磯村勇斗高杉真宙ら。

ADVERTISEMENT

 9位の『NOPE/ノープ』は、『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とダニエル・カルーヤ主演によるスリラー。田舎町の上空に現れた謎の飛行物体の脅威にさらされる兄妹を描く。共演に『ハスラーズ』のキキ・パーマー、『ミナリ』のスティーヴン・ユァンら。

 今週は、伊坂幸太郎のベストセラー小説をブラッド・ピット主演で実写化した『ブレット・トレイン』、さかなクンの半生をのん主演でフィクションを交えて映画化する『さかなのこ』、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」や『女子高生に殺されたい』などの南沙良と、アイドルグループ「なにわ男子」の大西流星の共演による『この子は邪悪』、アニメーション作品『特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~ 華ノ巻』『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』などが公開される。(編集部・石井百合子)

【2022年8月27日~8月28日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『ONE PIECE FILM RED』:4週目
2(2)『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』:5週目
3(初)『アキラとあきら』:1週目
4(3)『トップガン マーヴェリック』:14週目
5(初)『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』:1週目
6(4)『ミニオンズ フィーバー』:7週目
7(初)『異動辞令は音楽隊!』:1週目
8(6)『キングダム2 遥かなる大地へ』:7週目
9(初)『NOPE/ノープ』:1週目
10(11)『パウ・パトロール 大空のミッション・パウ ロイヤルストーンをとりもどせ!』:3週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT