ADVERTISEMENT

『劇場版SAO』初登場1位!『ONE PIECE FILM RED』歴代興収9位に

映画週末興行成績

初登場1位!
初登場1位! - (C) 2020 川原 礫/KADOKAWA / SAO-P Project

 週末(2022年10月22日~23日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』が初登場1位に輝いた。公開から11週連続で首位を獲得してきた『ONE PIECE FILM RED』は3位となったものの、累計成績で日本歴代興行収入ランキングではトップ10に入り、9位まで順位を上げた。

【動画】戸松遥・松岡禎丞・井澤詩織、SAOアニメ放送開始当時も振り返る!

 『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』は、川原礫による小説シリーズを原作にアニメ映画化した『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の続編。土日2日間で動員19万9,000人、興収3億2,300万円をあげ、1スクリーンあたりのアベレージも135万円と高稼働。11月3日からは4DX、MX4D、Dolby Cinema でも上映される。

ADVERTISEMENT

 2位は、橋本環奈主演のホラー『カラダ探し』が順位をキープ。土日2日間で動員12万4,000人、興収1億4,800万円をあげ、累計成績は動員39万人、興収4億8,400万円を突破した。

 3位の『ONE PIECE FILM RED』は、土日2日間で動員10万4,000人、興収1億4,100万円を記録。累計では動員1,250万人、興収173億5,600万円となり、日本歴代興行収入ランキングでは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(173億円)、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(173.5億円)を抜いて9位にランクインした。

 その他の新作では、横浜流星主演の『線は、僕を描く』が5位に入った。砥上裕將による同名小説の実写映画化で、水墨画と出会った青年が、水墨画を学ぶうちにその世界に引き込まれていくさまを描く。共演は清原果耶細田佳央太河合優実ら。

 今週は、クリスチャン・ベールマーゴット・ロビーラミ・マレックロバート・デ・ニーロら豪華キャストが集結したデヴィッド・O・ラッセル監督の新作『アムステルダム』、『リング』で知られる世界的ホラーアイコン、貞子の新たな恐怖を描く『貞子DX』、漫画家・高橋ツトムによる「天間荘の三姉妹 スカイハイ」をのん門脇麦大島優子の共演で実写映画化した『天間荘の三姉妹』などが公開される。(ランキング・数字は興行通信社調べ)(清水一)

ADVERTISEMENT

【2022年10月22日~10月23日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』:1週目
2(2)『カラダ探し』:2週目
3(1)『ONE PIECE FILM RED』:12週目
4(3)『呪い返し師-塩子誕生』:3週目
5(初)『線は、僕を描く』:1週目
6(4)『耳をすませば』:2週目
7(5)『沈黙のパレード』:6週目
8(7)『七人の秘書 THE MOVIE』:3週目
9(8)『バッドガイズ』:3週目
10(6)『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』:8週目

SAOアニメ放送開始当時も振り返る!戸松遥×松岡禎丞×井澤詩織『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT