ADVERTISEMENT

『アバター2』世界興収20億ドルの大台突破!

『アバター』シリーズではネイティリ役、『アベンジャーズ』シリーズではガモーラ役を務めたゾーイ・サルダナ(右)
『アバター』シリーズではネイティリ役、『アベンジャーズ』シリーズではガモーラ役を務めたゾーイ・サルダナ(右) - (C) 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 ジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の世界興行収入が公開6週目に、世界興行収入20億ドル(約2,600億円・1ドル130円計算)の大台を超えた。Varietyなどが報じた。

【動画】『アバター2』はこうして作られた!驚異のメイキング映像

 世界興収20億ドルを突破した映画は本作のほか、『アバター』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『タイタニック』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の5作しかない。これでキャメロン監督作は3作(『アバター』『タイタニック』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』)でそれぞれ世界興収20億ドル以上を上げた初の監督となった。

ADVERTISEMENT

 また、世界興収20億ドルを突破した6作のうち、実に4作(『アバター』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』)が女優ゾーイ・サルダナの出演作なのも特筆すべき点だ。

 ちなみに『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の世界興収の内訳は、1位北米、2位中国、3位フランス、4位ドイツ、5位韓国、6位イギリス、7位インド、8位オーストラリア、9位メキシコ、10位スペインとなっている。

 キャメロン監督は『アバター』シリーズを第5弾まで企画している。本作の興行成績次第では、シリーズをすでに撮影済みの第3弾で打ち切る覚悟があると語っていた監督だが、これで第4弾以降の先行きは明るくなったといえるだろう。(編集部・市川遥)

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング映像:壮大な本作の撮影風景を公開!大ヒット上映中! » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT