ADVERTISEMENT

『スラムダンク』勢い止まらず8週連続首位!『ワンピース』が3位にジャンプアップ

映画週末興行成績

『THE FIRST SLAM DUNK』より
『THE FIRST SLAM DUNK』より - (C) I.T.PLANNING,INC. (C) 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

 1月20日から22日までの週末映画動員ランキングが興行通信社より発表され、アニメーション映画『THE FIRST SLAM DUNK』が8週連続首位をキープした。3日間で観客動員27万5,000人、興行収入4億1,200万円を記録し、51日間の累計成績は動員610万人、興収89億円を突破。新作では、人気アニメシリーズの10周年を記念した劇場版『アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~』が10位にランクイン。また25週目を迎えた『ONE PIECE FILM RED』が3位にジャンプアップした。

 2位も前週と変わらず、新海誠監督のアニメーション映画『すずめの戸締まり』。3日間で動員16万3,000人、興収2億1,600万円をあげ、累計成績は動員963万8,000人、興収128億円。

 昨年8月の公開からロングランヒットとなっている『ONE PIECE FILM RED』は前週9位に再浮上。週末3日間で動員15万5,000人、興収2億1,400万円をあげ、3位へと一気に順位を上げた。累計成績は動員1,400万人、興収193億円を突破した。1月28日には、「フィナーレ大宴」舞台挨拶&全国生中継も予定されており、最後の高稼働に期待がかかる。

ADVERTISEMENT

 前週3位でスタートを切った『映画 イチケイのカラス』は、3日間で動員13万2,000人、興収1億7,400万円で4位となった。

 また圏外ながら、14週目を迎えたインド映画『RRR』が11位と健闘。ニューヨーク映画批評家協会賞で監督賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で歌曲賞を受賞するなど、アカデミー賞前哨戦の賞レースを沸かせている。(編集部・石井百合子)

【2023年1月20日~1月22日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『THE FIRST SLAM DUNK』:8週目
2(2)『すずめの戸締まり』:11週目
3(9)『ONE PIECE FILM RED』:25週目
4(3)『映画 イチケイのカラス』:2週目
5(4)『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』:6週目
6(7)『ラーゲリより愛を込めて』:7週目
7(5)『名探偵コナン 灰原哀物語~黒鉄のミステリートレイン~』:3週目
8(8)『かがみの孤城』:5週目
9(6)『Dr.コトー診療所』:6週目
10(初)『アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~』:1週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT