囁く者・最強の戦士がダリルたちを追う!【ウォーキング・デッド シーズン9】

今週のウォーキング・デッド

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 シーズン全16話中、今回で13話まで進んだ「ウォーキング・デッド」、クライマックスが近づきつつあるここに来て、さらに新たなグループが出現! ますます不安要素が増えてきた! 今回の新事実も要確認!(平沢薫)

※ご注意 なおこのコンテンツは「ウォーキング・デッド」シーズン9の13話について、ネタバレが含まれる内容となります。ご注意ください。

今週のウォーキング・デッド連載:第13回

前回のラスト直結のドラマが展開!なんと新たなグループが出現!

王国に新たな出来事が起こる
王国に新たな出来事が起こる……!「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 ドラマは、前回のラストの直後からスタート。ダリル(ノーマン・リーダス)に救助されたヘンリー(マット・リンツ)が、“囁く者”のリーダーの娘リディア(キャサディ・マクリンシー)を一緒に連れて行ったことで、“囁く者”たちの次の行動が描かれていく。

[PR]

ハイウェイマンとは
王国の前に現れた“ハイウェイマン”とは?「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 また今回は、王国でも大きな出来事が起きる。“ハイウェイマン”と名乗る新たなグループに遭遇するのだ。彼らはいったいどんな人々なのか。

 ちなみに“ハイウェイマン”という語は、もともとは古い英語で、馬に乗って街道に出没して歩行者や馬車から金品を奪った“追いはぎ”のこと。そして、ある年齢層のアメリカ人や音楽ファンには有名なカントリー・ミュージックのヒットソングのタイトルでもある。

ハイウェイマン
“ハイウェイマン”のリーダー?「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 1985年に、ウィリー・ネルソンウェイロン・ジェニングスクリス・クリストファーソンが、カントリーの王御所ジョニー・キャッシュと共に“ハイウェイメン”というグループを結成し、「ハイウェイマン」というアルバムとシングルを発表。どちらもビルボードのカントリー・チャートの1位に輝き、この曲は1986年のグラミー賞ベストカントリーソング賞を受賞。歌詞は「自分は追いはぎだった」「多分、また追いはぎになるだろう」というアウトローの歌。ドラマではグループ名の由来は語られないけど、この歌が元ネタかも? 

[PR]

<もう観ちゃった方向け:ネタバレあり>ダリルVS.ベータの一騎打ちが見もの!しかし不安要素はますます増えた?!

ダリル
囁く者の戦闘部隊を迎え撃つダリル!「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 今回の見ものは、ダリルと“囁く者”ベータ(ライアン・ハースト)との一騎打ち。このシリーズの戦闘は集団戦が多く、1対1の戦いはかなりレア。しかもベータの身体が大きいので迫力満点だ。

ベータ
囁く者・最強の戦士ベータ!「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 また今回は、新たな事実も続々と判明。まず、ダリルに同行した耳が聞こえないコニー(ローレン・リドロフ)の優れた能力が判明。彼女のパチンコは想像以上に殺傷能力が高い。また、地理感覚が優れ、かつて自分たちグループが暮らしていた建物を見つける。そのうえ戦術家で、建物の構造図をダリルに見せて、2人で罠を考える。コニーがこんな積極的な戦士だったとは。

ダリルとベータ
ド迫力のダリルとベータの一騎打ち!「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 そして、“囁く者”のリーダーの娘リディアの意思も明確になる。彼女は「元の生活に戻れるかと思ったけど、無理だった」と発言。そして、ヘンリーの恋が片思いではないことも判明。リディアはヘンリーになぜ自分を助けたのかと問い、彼が「君が大事だから」と答えると、彼にキスをするのだ。

コニーとダリル
意外にもコニーは戦士としても有能!?「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 しかし今回はもっと大きな新事実がある。新たなグループ“ハイウェイマン”の出現と、その時の対応方法だ。王国の兵士たちが“ハイウェイマン”と名乗るグループに遭遇して武器を奪われ、「通行料を払え」と要求する手紙を王国に持ち帰る。王エゼキエル(カリー・ペイトン)は戦おうとするが、キャロル(メリッサ・マクブライド)は話し合いによる取引を提案。取引の結果、お互いに被害のない形に落ち着く。この結果は、珍しいんじゃないだろうか。 

 これまでも、複数のグループが合流するというケースはあり、どちらかが相手の条件を飲んで従うというケースもあった。が、対立するグループが、話し合いによって対等の状態で折り合う、というのはシリーズで初めてかも?

ハイウェイマン
怪しいハイウェイマンたちの狙いは?「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 しかしこれはちょっと怪しい気もする。ハイウェイマンたちの利益が不明なのだ。彼らは「王国での会議にやってくる他のグループの人々の安全を守れば、会議中は王国に出入りしていい」、さらに「映画が観られる」という条件で折り合う。しかし、これまで略奪によって生きてきた彼らが、会議会場で行われる物々交換に参加しても、交換するものがあるのか? 彼らはこの会場で略奪をするつもりなのではないか? それとも彼らは映画を観られればいいのか? 

エゼキエルとキャロルたち
ダリルたちが王国に来ていないことでエゼキエルとキャロルたちはどうするのか?「ウォーキング・デッド」シーズン9 第13話より - (c) 2018 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 そして次回への前振りもたっぷり。ダリルが倒したと思っているベータは、実は生きている。ダリルたちはヘンリーのケガの治療のためアレクサンドリアに向かうので、次はアレクサンドリアが“囁く者”たちの攻撃対象になる?

 また、タラ(アラナ・マスターソン)たちは、やっとダリルたちが王国に来ていないことに気づく。となると戦闘能力の高い人々が彼らの救助に向かうだろう。すると王国の警備が手薄になってしまうのでは? 今回も不安要素が増えて、また次回を観ずにはいられない。

「ウォーキング・デッド」シーズン9は、FOXチャンネルで日本最速独占放送中。毎週月曜午後10時~ほか

FOXチャンネルはHuluU-NEXTスカパー!J:COM、ケーブルTV、IPTVなどで視聴可能

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]