A.B.C-Zはすごく幸せなグループ『オレたち応援屋!!』インタビュー

オレたち応援屋!!

 アイドルグループA.B.C-Zにとって初めての主演映画となる『オレたち応援屋!!』。舞台「ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAH!!~」から生まれた新たなストーリーでは、高校教師から「卒業する生徒たちのために伝統行事を復活させるのを手伝って欲しい」という依頼を受けた応援屋の5人が離島の高校生を盛り上げるために奮闘する。橋本良亮戸塚祥太河合郁人五関晃一塚田僚一のそれぞれのキャラが生かされた役がスクリーンでどのように“応援屋”として暴れ回るのか? 思い入れたっぷりな本作についてメンバーが語った。

[PR]

5人揃っての挑戦にワクワクが止まらない

オレたち応援屋!!

Q:5人での映画が決まった時の気持ちを教えてください。

橋本:去年の「ABC座」が終わった後、すぐに映画の撮影が始まったので、本当にずっと5人一緒で、家族より長い時間を過ごしていました。お互いに飽きるんじゃないかと心配でしたが、撮影現場が楽しすぎてまったく問題ありませんでした(笑)。

五関:僕個人としても映画が初めてだったので、5人一緒というのはすごく心強かったです。僕たちが「ABC座」の舞台でやった作品が繋がって、次のステップに進めたことがうれしかったです。

戸塚:ずっと5人で歌って踊ってをメインにやってきて、今回はまた違う「映画」というジャンルに挑戦できたことが喜ばしいです。みんなでいろんなことをやらせてもらえて、すごく幸せなグループなんだなと実感してます。

塚田:普段から話し合ったりしなくても、ただ一緒にいるだけで生まれる空気感が撮影現場で生かされると思うと、僕らでしかできないことができるような気がして、ワクワクでした。きっとグループならではのいい作品になるんじゃないかという予感がしました。

河合:きっと僕らのことを好きな人って、ラブというよりよりライクの人の方が多いと思うんです(笑)。好きだけど舞台を観に行くまでじゃない、そういう人でも映画だったらもっと気軽に観てもらえるんじゃないかと思うので、楽しみにしていました。

[PR]

実際のエピソードが生かされた役づくり

オレたち応援屋!!

Q:役づくりで、こだわった点は?

戸塚:僕はお芝居で「フラットに」ということを心掛けていました。バイアスがかかってない役柄だったので、すごく自分に近いのかなとは思いました。ビジュアル面でいうと、気持ち悪さというか、「なんか変だぞ」というのが欲しくて、ずっとハイネックを着ています。いつもはあまり自分から監督にもの申すことはないのですが、今回は初めて自ら主張してみました。

塚田:僕は最初「普段の塚田くんのように天真爛漫な感じで」と言われたのですが、セリフについてなど、撮影現場でやることがあまりにたくさんあったので、顔に出ちゃったみたいです(笑)。その後、監督から「あんまり考え込み過ぎないようにね」と言われました。

橋本:監督には「橋本のままで」と言われたので、98%が橋本良亮です。残りの2%は、着ている服が衣装なのと、マイクが拾いやすいように声を少し高めにしたこと。プライベートでは聞こえないくらい、ぼそぼそしゃべっているので(笑)。

五関:たまり場の喫茶店で、剣持(橋本)がメニューを書く場面で「シ」と「ツ」がわからなくなるのも、あれも実際のエピソードです。

橋本:僕、カタカナがうまく書けないんです。自分の名前さえも、橋の「シ」が「ツ」になってしまうので、ハツモトみたいになります(笑)。

五関:僕が演じる白井がかけている眼鏡には、監督もすごく熱を入れてくれました。衣装合わせの時から、いろんな眼鏡を試して、眼鏡がずれたのを直す仕草も何度もやってみて、結果的に人差し指で持ち上げた時に「それでいこう!」と決まったんです。劇中の白井の眼鏡に関するどんな仕草もアドリブではなく、監督の指示や打ち合わせしたうえでの行動です。

河合:僕のセリフは関西弁だったので苦労しました。関西人に近づけていなかったら、ちょっと悔しいです。関西弁ということで、監督から衣装のどこかに必ずヒョウ柄を入れようと提案されたので、ぜひ注目してください(笑)。それと青いスタジャンは右胸に「ビッグ3」と書いてあるものを選びました。すでにビッグ3はいらっしゃいますけど、「これからの時代のビッグ3になりたい」という思いを込めて着ています(笑)。

[PR]

アクロバットより難しかったセリフ回し

オレたち応援屋!!

Q:今だからこそ話せる撮影の裏話があったら、教えてください。

五関:実は冬にロケしているので、めちゃくちゃ寒かったです。もちろん、作品からは微塵も感じさせません!(笑)。

橋本:塚ちゃんが「将来の夢はオリンピック!」みたいな感じでアクロバットを披露する新体操のシーンがあって、20テイクぐらい撮っているんです。本当に長かった。宿泊先のご飯が食べられる時間が夜中の12時までなのに、11時45分になってもできないので、仕方がないので僕たちは先に帰りました(笑)。

塚田:アクロバットについて問題はなかったのですが、僕は日本語が不得意で……。「てにをは」をほぼ間違えていて、言葉遣いに時間がかかりました。

戸塚:あと、最初の土手のシーンは最終日に撮っているんです。スケジュールもまばらななかでも一致団結できたのは、監督とエキストラの皆さんの協力のおかげです。

河合:ジャニーズJr.(井上瑞稀猪狩蒼弥ほか)にも出演してもらっているので、その1人に「なんで、このメンバーなの?」って聞いたら、「わかんないですけど、このメンバーでした」って答えていたから、「取材で聞かれたら、僕が選んだことにしておいてね」って指示したんですけど、誰も言ってないみたいです。みんな正直で、いい子です(笑)。

[PR]

応援したり応援されたりを経て主演

オレたち応援屋!!

Q:実際に心に残っている応援エピソードはありますか。

河合:僕は中学の3年間、応援団だったんです。普通は3年生が団長をやるのですが、中1の時に僕が応援団長をすることになりました。運動会では4組で応援合戦をして、一番応援がよかった組にポイントが入るんです。その時、僕はアクロバットが得意だったのでバク転を連続して見せたら、その場はものすごく盛り上がったのですが、反則負けになっちゃいまして……。出しゃばりすぎました(笑)。応援もやりすぎてはいけない、やりすぎると迷惑をかけることもあるんだっていうことを学びました。

戸塚:僕は12歳でこの世界に入って以来、いろいろな活動をしてきましたが、家族に対して仕事の話はほとんどしてこなかったんです。僕の家は両親、兄、僕、妹の5人家族で、兄の仕事先の寮に遊びに行った時に、ふと机の上にあったノートに目をやると「A.B.C-Z、ガンバ!」って書いてあって、すごくグッときました。ほかの家族も、一歩引いて口には出さない。だけど、ちゃんと応援してくれている。じわーっと熱くなりました。

塚田:僕が応援ってなんだろうと思ったのが、岩手めんこいテレビの番組(「A.B.C-Zの雨ニモマケ-Z」)に5人で出させてもらった時です。復興応援プロジェクトとして、僕たちにできることをお手伝いしようと、観光名所を掃除したりしていたのですが、行く先々で「頑張ってね」って声をかけられるんです。僕らが応援しにいったのに、逆に応援してもらっている。応援って心に余裕がないとできないことなのに、被災者の方々の器の大きさに感動して、僕なんてまだまだだなと思ったことが印象に残っています。

[PR]

取材後記

とにかく仲が良くて、息ぴったり。劇中も普段も変わらない。一本気で男らしいワイルドな橋本良亮。柔らかな物腰でおしゃれな戸塚祥太。鋭いツッコミで場を沸かせる気配りの天才・河合郁人。クールで落ち着いていて誰よりも俯瞰して物事を見ている五関晃一。一生懸命さが可愛い、愛されキャラの塚田僚一。映画のユニークなキャラクターにも当然、彼らの持ち味が存分に生かされている。これを機にライクがラブになる人も多いはず。(取材・文:高山亜紀)

映画『オレたち応援屋!!』公式サイト

映画『オレたち応援屋!!』は10月23日より全国公開

(C) 2020映画「オレたち応援屋!!」製作委員会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]