斎藤工&板谷由夏『ソング・トゥ・ソング』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『ソング・トゥ・ソング』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』『AWAKE』の4本。

 『ソング・トゥ・ソング』はテレンス・マリック史上最強の座組と絶賛。映画界で自由にやりたいことをするのは、クリストファー・ノーランクエンティン・タランティーノ、そしてテレンス・マリックだ!

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週金曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

[PR]

2020年末と2020年始のイチオシ作品はコレ!

『ソング・トゥ・ソング』12月25日公開

 『天国の日々』『シン・レッド・ライン』などのテレンス・マリック監督が紡ぐラブストーリー。アメリカ有数の音楽の街・テキサス州オースティンを舞台に、幸せを模索する男女4人の人生が交差する。 【⇒作品情報はこちら】

『新感染半島 ファイナル・ステージ』1月1日公開

 韓国発のパニックホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後を描いた続編。パンデミックを逃れて香港に渡っていた元軍人の主人公が、ある任務のために「半島」に戻りサバイバルを繰り広げる。監督は前作のヨン・サンホが続投。 【⇒作品情報はこちら】

『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』1月1日公開

 『イップ・マン』シリーズなどのドニー・イェン主演によるアクションコメディー。肥満体だが人並み外れた身体能力を持つ刑事が日本を訪れ、巨大な陰謀に立ち向かっていく。メガホンを取るのは『るろうに剣心』シリーズなどでアクション監督を務めてきた谷垣健治【⇒作品情報はこちら】

『AWAKE』12月25日公開

 2015年4月11日の将棋電王戦FINAL第5局で繰り広げられた棋士とコンピュータの対局にインスパイアされたドラマ。プロ棋士の夢に破れた青年が、AI将棋の世界に飛び込んでいく。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『ソング・トゥ・ソング』(12月25日公開)
『映画 えんとつ町のプペル』(12月25日公開)
『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』(12月25日公開)
『AWAKE』(12月25日公開)
『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)
『ソウルフル・ワールド』(12月25日配信)
『新感染半島 ファイナル・ステージ』(1月1日公開)
『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』(1月1日公開)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]