『銀魂』真選組を語り尽くす!声優・千葉進歩×中井和哉×鈴村健一インタビュー

映画『銀魂 THE FINAL』
左から土方十四郎役の中井和哉、近藤勲役の千葉進歩、沖田総悟役の鈴村健一

 2006年に放送が開始したアニメ「銀魂」シリーズの完結となる映画『銀魂 THE FINAL』(公開中)。空知英秋による原作漫画のラストをベースにしたエピソードを描く本作の公開に際し、近藤勲役の千葉進歩、土方十四郎役の中井和哉、沖田総悟役の鈴村健一という真選組のキャスト3人が、映画の制作が決まった時の思いや、15年寄り添ったキャラクターを演じ始めた当初のこと、作品にまつわる思い出深いエピソードを語り合った。(取材・文:編集部・小山美咲)

[PR]

■最後でも変わらない「銀魂」らしさ

映画『銀魂 THE FINAL』

Q:映画『銀魂 THE FINAL』までたどり着いた思いを聞かせてください。

千葉進歩(以下、千葉):ついに『THE FINAL』ということで、とうとう最後まで来たのか? というところだと思いますが、何が“最後”なのかと。確実に「銀魂」ファンの方を裏切らないクオリティーであることは自信を持てるのですが、もう何度も言っているように、僕は『THE FINAL』という言葉には全くのクエスチョン状態です。まだモヤモヤしています(笑)。

中井和哉(以下、中井):大将(=千葉)はモヤモヤしていますが、原作がもうこれ以上描かれていないことは間違いありません。僕らとしては物語の最後までアニメ化していただきたい、僕らのドラマを演じ切りたいという思いはずっとありましたので、「銀魂」という作品の、僕らにとっての関わりの最後が、映画という形できちんとできたことがとても嬉しいです。

鈴村健一(以下、鈴村):本当に最後まで来たというのは、今日1日取材を受け、より実感がわいてきました。前回の劇場版(『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』)の際に、スタッフからも「本当に終わります」と言われました。キャストみんなでご飯を食べに行って、「『銀魂』がもし復活する時は、キャストが変わって最初からやるだろうね」なんて話をしていたくらい、僕らもやり切った感があったんです。ただ、その映画がものすごく売れたみたいで、大人が「やっぱりやります」と言い出して(笑)。やり切った感がありながらも、まだ続く原作をやはり最後までやれたらよかったなんてことも実はちょっと思っていたんです。そう考えると、キャストの目線だけで言えば、物語の最後まで変わらぬキャストでやれたことは素晴らしいことだと思います。

Q:アフレコはいかがでしたか?

千葉:こういう状況でなかなか集まって録ることができない中で、真選組は一緒に録ることができました。それは本当にありがたかったです。でも実は……山崎ごめんな……それだけはちょっと言っておきたいです。山崎ごめんね。(編集部注:山崎退役・太田哲治は一緒ではなかった模様)

中井:そうなんだよなあ(小声)。

千葉:3人で一緒に録れたことは安心材料ですし、前回から時間が経っていてもやっぱり楽しいというのは変わらずでした。それに相変わらずとんでもない演出をいただいたので、思いっきりやってしまいました。映画を観ていただいて「あ、ここなのね」とわかっていただけたらと思います。

中井:久しぶりの収録ということでいうと、我々からすると久しぶりは怖くないと言いますか……テレビシリーズでも1か月2か月と間隔が空くことはざらだったので。

(一同爆笑)

中井:全然呼ばれないなあって。

鈴村:本当にすごくよく言っていましたね。俺たち呼ばれないなあなんて。

中井:たまに呼ばれたと思ったら、異常にしゃべる(笑)。久しぶりだからといって、どうということはありません。アニメのない間も「銀魂」はおかげさまで大人気作品なので、色々なところと節操なくコラボして(笑)、色々な形で土方を演じさせていただく機会がありましたから。ただ不安だったのは、1人は嫌だなあということ。3人で収録できたことはとても嬉しかったのですが、大事なことなのでもう1度言っておきます。やっぱり山崎がいなかった……というのをぜひ書いておいていただければと思います。この取材だって4人がいいよって(笑)。

鈴村:僕は少し寂しい気持ちもありました。収録が終わった時に、「ああこれが最後だな」なんてちょっとセンチメンタルになってスタッフさんに挨拶に行ったら、「いやまだ2本あるんで」と言われて。dTV版の収録がまだ残っていたんです。ただ、ちょっとだけでもいいので僕らのテンションに合わせてほしかったんです。「あと2本あるんですけど、とりあえずは本当にお疲れ様でした……!」というテンションではなくて、「ああ、あと2本あるんで」ぐらいの感じだったので拍子抜けしましたが、今思うとあれも「銀魂」らしかったと思います。

[PR]

■原作者・空知英秋にとっても難解な沖田総悟という男

Q:印象的なエピソードなど、キャラクターを演じてきた上で思い出されることはありますか?

千葉:真選組になくてはならないのはミツバ篇(第86~87話)や真選組動乱篇(第101~105話)。そこから組というものがきちんと定着して各々のポジションをお互い認め合い、色々な物事に向かっていくことができました。その礎がなかったら、組織として成立しませんでした。近藤もその2篇があって、やっと局長という位置にいられたという気がします。そうでなければ当然土方と沖田もついてきてくれるわけもありません。アホなことばっかりしているので。

映画『銀魂 THE FINAL』

鈴村:近藤は真似したくなる名言が多いんですよ。「ムラムラします」とか。

(一同爆笑)

千葉:名言なのか、迷言なのか。

鈴村:どっちでもありますよね。台本を読んでいてうらやましかったですもん。「ムラムラします」なんて良いセリフなんだと。

中井:真選組が中心になっているエピソードは皆さんとても愛してくださっていて、もちろん僕にとっても大事なのですが、個人的に思い出されるのは例えば土方が銀さんと手錠で繋がれてしまう話とか、沖田と2人で『SA〇』のオマージュをやった回です。頑張ったな、必死だったなとふと思い出されます。

鈴村:僕はキャラクターをどう掴むかということ自体、沖田は特に難しいと思いながら演じていました。以前、空知先生とご飯を食べに行った時に、「ぶっちゃけ沖田難しくないですか?」と先生の方から言われたんですよ。いやあなたが描いているんでしょうと思いながら、「そうなんですよ。難しいんですよ」と話したら、先生も「でしょ?」という感じで……答えは教えてくれなかったんですけど。

(一同爆笑)

鈴村:どうやったら演じられるかをこれっぽっちも教えてくれませんでしたね。

中井:ひでえなあ、もう(笑)。そういうところありますよね。

鈴村:空知先生も難しいと言うように、最初は本当に手探りの状況が続きましたが、たしかミツバ篇・真選組動乱篇がある前からキャラのバックボーンが少しずつわかってきたんです。初期はただただ場を混乱させるような役割が続き、どれくらいふり幅をつけるべきかすごく難しく感じていました。そんな中で「ウンコしろ」の回(第35話)とかで「なるほど。こういうことやっていいんだ」とわかったんです。急に「Sは打たれ弱い」とか言い出したりして、意外とここまでやっていいんだと感じました。

[PR]

■改めて語るキャラクターの第一印象と魅力

Q:キャラクターを演じ始めた当初の第一印象を教えてください。

千葉:なんじゃこの集団はということですかね。その局長というのは何なんだというのが始まり。僕も個人的に手探りでした。リーダー然としてなければなと感じていましたが、いかんせんリーダーっぽく演じようとしてもそうはいかない展開ばかりでしたので。

映画『銀魂 THE FINAL』

中井:最初の収録は花見の回(ジャンプフェスタアニメツアー2005で上映されたパイロット版)ですね。土方については、この人すごい怒鳴ってるな~と思っていました。テレビシリーズが始まってすぐの頃は、今よりもとがったキャラクターで、今みたいに人間的な部分は見えなかったので、色々なものが若かったと言いますか。自分自身もそうだったろうと思います。恐ろしいのであまり見返していませんが(笑)。

鈴村:よく覚えているのが、最初の収録時に「変に演じてほしい」とすごく言われたことです。僕も変な感じでやろうと持っていったけど、さらに「変な感じで」というダメ出しが来たので、すごく面白い現場だと思いました。「もっとかっこ良く」と言われるんじゃないかと思っていたんです。杉田君(坂田銀時役・杉田智和)とも前に話したのですが、僕がちょっと変な感じで沖田を演じたのをよく覚えていると。最初のテストでダメ出しが入って、杉田君も「もっとかっこ良く」と言われるんだろうなと聞いていたら、「もっと変に」と言われていて、「すごく面白いと思った」と。

映画『銀魂 THE FINAL』

Q:変というのは?

この画だったら「もっとクール」とか、「もう少し高めの声」とか、普通ならこうやるというセオリーがありそうな風貌なのですが、それをやらないでほしいという意図だと思います。実際に僕もそう思って演じていたと思いますし、当時観た人から「自分がこのキャラを渡されたら絶対こう演じない」と言われたことはあります。懐かしいです。あれはジャンフェス版だったから、テレビシリーズになったらキャストが変えられるだろうと思っていました。

(一同爆笑)

中井:そういうものだと思っていました。

鈴村:だからテレビシリーズが始まる時に「キャスト一緒です」と言われ、「すげえ!」となりました。

中井:そんなことってあるんだ。

千葉:大丈夫かなあって。

鈴村:その喜びのまま15年やっています。

Q:15年演じられたキャラクターの魅力を改めて教えてください。

千葉:魅力かあ、魅力……。

鈴村:全裸ですよね。

千葉:全裸ですね~。最初は全裸にハチミツまみれだったのが被り物になり、被り物から脱糞になり、そこからなんと歌舞伎役者を真っ裸にさせ……それが魅力なのかな(笑)。

鈴村:何十年にも及ぶアニメ史上で、たぶん最も脱糞したキャラクターですよね。

千葉:それもありつつ、近藤には葛藤はあまりなく、すべてを受け入れるという意味で人離れした存在。ぶれてはいけないものもはっきりしているので、わかりやすいというのがある種1つの魅力だとは思います。逆に言えば、近藤以外の人たちはその真逆でとても人間らしいし、過去の辛い経験などがしっかりと描かれていることで、人間味が増してより魅力的なんですね。それをうらやましく思ったりもしました。

中井:土方は生い立ちはすごく不幸で、みんな忘れているかもしれませんが「鬼の副長」と呼ばれていて(笑)。それくらいベースにはやさぐれていたり、冷たい部分があったんでしょう。それがこういじられると弱いとか、けっこう優しいとか、フォローしてくれるとか、そういうのをどんどん身に着けていく。最後の最後には弱さも見せて、そこからまた立ち上がる。かっこいいんですけど、そういうふり幅を徐々に見せていったこと、その過程が、結果長いシリーズの中で土方をどんどん魅力的にしていってくれたのかなと思います。

鈴村:沖田の魅力は、空知さんにもわからないミステリアスさでしょうね。

千葉:最後の最後まで(笑)。

鈴村:まあ今はわかっているのかもしれません。アニメを観ている方からいただくお手紙を通じて、沖田はかっこいいともすごく言われるんです。それが不思議でした。一度もかっこつけたことはないつもりですし、高松(信司)監督からは「変に」と言われていた。これは僕の解釈も含まれますが、いわゆる紋切り型にならないでほしいということだったと思います。だからこそ、ミステリアスで色々な感想を持ってもらえるんだと思う。かっこいいと言う人がいるし、可愛いと言う人もいっぱいいるし、怖いと言う人もいる。形がないところがいいんだろうなと。

[PR]

■「銀魂」は時代と寄り添ってきた

映画『銀魂 THE FINAL』

Q:15年続いた作品の完結。寂しいという、いわゆるロス的な気持ちのファンもいるかもしれませんが……。

鈴村:千葉さんは「終わる」を信じていませんからね。

千葉:僕の経験上だと、終わる時は現場でお決まりの展開というのがある。それが一切なかったのが不思議ですし、過去にこちらは終わるんだという気持ちになっていたものの終わらないという詐欺にあいました。苦情というのではないですが、トラウマがあります。

鈴村:それはもう苦情です。

(一同爆笑)

千葉:個人的には騙されないぞと、どこかこだわりがありまして。皆さん、ロスになった時には、もう一度15年分あるアニメを見直してみてはいかがでしょうか。僕もこの後、じわじわロスが来るかもしれないので、ファンの方と一緒に考えてみようと思います。

中井:ロスはあるかもしれませんが、僕ははっきり言って別れを知るべきだと思います。

鈴村:先生の言葉だ。

中井:取り返しのつかないものが世の中にはあるんだと。千葉さんが見返してもらえればとおっしゃったように、確かにそうすれば、ある程度は幸せな気持ちになれるかもしれませんが、「銀魂」は時代と寄り添ってきた作品。その時だからこそ面白いバカげたネタ、僕らと作品が同じ時を生きているからこその沁みる部分……とかっていうのは、もう返ってこないんです。

(一同爆笑)

中井:だから見返して楽しんでもらえるものもあれば、決して戻り来たらぬものもあるのだということを、噛みしめながら生きていってほしいと思います。それが大人になるっちゅーこっちゃで!

(一同爆笑)

鈴村:完全に共感です。中井さんの言っている通りだと思いますが、ただもう一つ想像してほしいことがあります。もしも続けてほしいという方がいて、大人がビジネスになるからと無理矢理続きを作ってもダメでしょう。今までだってそうじゃないですか。本当にあそこで終わればよかったのに……という例があるでしょう。

中井:俺酷いこと言ったかなと思ったのに、もっと酷いこと言ってる人がいる(笑)。

鈴村:世の中は「鬼滅の刃」が綺麗に終わり、ああいったものがやっぱり素晴らしかったという論調にもなっていますから、「銀魂」もここで終わった方が絶対にかっこいいんですよ。だから、もう終わりです!

映画『銀魂 THE FINAL』は公開中

(C) 空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]