ADVERTISEMENT

土屋太鳳&松下洸平共演「やんごとなき一族」キャスト【まとめ】

 女性漫画誌「Kiss」で連載中のこやまゆかりの漫画を、土屋太鳳主演でドラマ化する「やんごとなき一族」(4月21日よりフジテレビ系で毎週22時~22時54分放送※初回15分拡大)。放送を前に、本作の登場人物、キャスト、あらすじをまとめて紹介します。

あらすじ

 庶民の家庭から上流社会の深山家に嫁ぐことになった篠原佐都。不動産事業を手掛け莫大な資産を有する深山家の面々は誰もがうらやむ絢爛豪華な暮らしだが、嫁VS姑、本妻VS愛人の戦いや後継者争い、男尊女卑など、人間模様は壮絶。佐都は、理不尽な家のしきたりや骨肉争いに翻弄(ほんろう)されながらも夫・深山健太とともにサバイブしていく。

 原作者のこやまは、これまで「バラ色の聖戦」(2011年9月期・テレビ朝日)や「ホリデイラブ」(2018年1月期・テレビ朝日)などがドラマ化されている。脚本を務めるのは、「相棒」シリーズ(テレビ朝日)や「この恋あたためますか」(2020年10月期・TBS)などの神森万里江。演出をドラマ・映画「コンフィデンスマンJP」シリーズ(フジテレビ)や「イチケイのカラス」(2021年4月期・フジテレビ)などの田中亮。ナレーションは、アニメ「鬼滅の刃」の竈門炭治郎役などで知られる花江夏樹

ADVERTISEMENT

登場人物&キャスト

篠原佐都(しのはら・さと)演:土屋太鳳

 母と二人で下町の大衆食堂・まんぷく屋を営んでいた。芯が強く明るい性格で、食堂の看板娘として常連客に親しまれていたが、ある日、交際中の深山健太からプロポーズ。身分の格差を理由に健太の親族に結婚を猛反対されるが、健太を信じて駆け落ち同然に入籍。初めは深山家の理不尽なしきたりの数々に納得できずにいたが、健太のある願いを知り、深山家に入って戦う決意をする。

深山健太(みやま・けんた)演:松下洸平

 400年以上続く名家・深山家の次男。明るく気さくな性格で、教養もあるジェントルマン。幼いころから独裁的な父・圭一や深山家の慣習に反発し、学生時代に家を出て一人暮らしを始め、深山家とは無関係の会社に就職。佐都の人情味あふれた家庭に憧れを抱いていた。佐都との結婚を機に、父の策略によって再び深山家で生活することになる。

深山明人(みやま・あきと)演:尾上松也

 深山家の長男。引っ込み思案な性格で、深山家当主である父・圭一の決めたことには逆らえない。父が経営する不動産会社で働き、次期社長候補と言われるも、気の弱さが災いして父に軽視されている。またそれが原因で、妻の反感を買い、責められることもしばしば。そんな中、弟の健太が深山家に戻ってきたことから、跡取りとしての立場がさらに危うくなっていく。

深山美保子(みやま・みほこ)演:松本若菜

 明人の妻。老舗和菓子店の娘であり、長男の妻として深山家に尽くしてきた人物で、一族からの評価も高い。明人を深山家の跡取りにすることで自分の地位を高めようともくろむ一方、誰にも言えない大きな秘密を抱えている。庶民の家庭から嫁いできて次期女主人の立場になった佐都を目の敵にし、義父・圭一と同様、佐都を追い出そうと画策する。

深山大介(みやま・だいすけ)演:渡邊圭祐

 深山家の三男。父・圭一に与えられた美容クリニックのオーナーとして働き、奔放で楽天的な性格。妻のリツコときらびやかな生活を送り、世間では仲むつまじい理想の夫婦だと思われているが、実は圭一が強引に進めた政略結婚で夫婦仲は冷え切っている。兄弟仲は悪くないが、恋愛結婚をした兄・健太には複雑な思いを抱いている。

深山リツコ(みやま・りつこ)演:松本妃代

 大介の妻。日本一のホテルチェーンの一人娘であり、派手な生活をしている。政略結婚した夫・大介のことで大きな悩みを抱えながらも、その心中には秘めた思いがある模様。試練続きの中で互いを支え合う佐都夫妻の姿を見て、徐々に心を揺り動かされていく。

深山有沙(みやま・ありさ)演:馬場ふみか

 深山家の末っ子の大学生。天真爛漫(らんまん)で歯に衣着せぬ物言いで、慕っていた兄・健太と結婚した佐都を“深山の恥”と見ている。家族の在り方を変えようと奮闘する二人を冷ややかに見る一方、深山家の時代錯誤ともいえるしきたりにうんざりしている。表向きには父・圭一に従っているが、家族には言えない秘密を抱えている。

深山圭一(みやま・けいいち)演:石橋凌

 深山家の当主。深山家のすべては圭一が決めており、江戸時代から400年以上続く深山家の当主として先祖代々の土地と財産を守り抜いてきた自負がある。深山家の利益を優先し、逆らう者はどんな手を使ってでも排除しようとする。身分の格差を理由に次男・健太と佐都の結婚を猛反対していたが、なぜか一族の反対を押し切って2人を深山家に招き入れる。そこにはある思惑があった。

深山久美(みやま・くみ)演:木村多江

 圭一の妻。深山家の女主人という立場ではあるが、夫の命令には絶対服従。子供たちを守るために耐える日々を送っている。同じ深山家の嫁として佐都を気に掛け、一族の中で唯一、彼女に対して優しく接する。圭一と戦う二人を密かに応援しているが、自身が長年抱えていたある苦悩が波乱を巻き起こすことになる。

立花泉(たちばな・いずみ)演:佐々木希

 健太の学生時代からの友人であり、憧れの存在でもあった女性。容姿端麗で教養もあり、深山家の人々からの信頼も厚い。父親は大物政治家で、圭一とも親交がある。かつて恋人と共にフランスへと渡ったが、とある理由で帰国。圭一の策略により秘書として健太のそばで働くことになり、泉の存在が佐都にとって大きな試練になっていく。

篠原良恵(しのはら・よしえ)演:石野真子

 佐都の母。元客に愛されている大衆食堂「まんぷく屋」を夫婦で営んでいたが、数年前に夫が他界。苦しい経営状況の中、家族としての思い出がたくさん詰まった自慢の“もつ煮”を守り抜こうと、佐都と店を切り盛りしてきた。「まんぷく屋」の常連でもあった健太をかわいがっており、二人の結婚を心の底から祝福しているが、名家に嫁いだ娘を心配している。

(C)フジテレビ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT