ADVERTISEMENT

国家による超法規的措置はありなの?

2021年10月18日 山縣みどり モーリタニアン 黒塗りの記録 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
モーリタニアン 黒塗りの記録

世界同時多発テロ後にグアンタナモ収容所で拘束・拷問をされたモハメドゥの体験に恐怖を覚える。収容所で行われる拷問や検閲はグロテスクの一言。正気を保てたモハメドゥの強い精神力に驚くが、相当なトラウマを抱えているはず。K・マクドナルド監督は彼の解放までを本人&人権弁護士と軍検察官側から見つめ、アメリカ国家による超法規的措置の闇を暴いていく。人権問題が絡む実話だけに脚色は最小限と思われ、淡々と物語が進む。ハリウッド的な痛快逆転劇を期待している人には不向きだろうが、現在進行形の問題を知る上では重要な作品。エピローグで明かされる、今なお司法手続きなしで拘束されているプリズナーXの運命が気になる。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:最近、役者名を誤表記する失敗が続き、猛省しています。配給会社様や読者様からの指摘を受けるまで気づかない不始末ぶりで、本当に申し訳ありません。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT