ADVERTISEMENT

ディズニーアニメは南を目指す

2021年11月25日 相馬 学 ミラベルと魔法だらけの家 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ミラベルと魔法だらけの家

 ミュージカル映画としてのディズニーアニメの楽しさを再確認できる一編。

 伝統的プリンセスストーリーのような、いかにも欧米風の空気は皆無。『モアナと伝説の海』からさらに南下し、南米コロンビアが舞台というのが面白い。一族の中でただひとり魔法を持つことができなかったヒロインの物語は、『みにくいあひるの子』の今風のアレンジにも見える。

 家族のドラマとして整っており、ファミリーで楽しめる堅実な作品であることは言うまでもない。ラテンのエッセンスを取り込んだダンサブルな楽曲もディズニー作品には新鮮で、甘ったるいバラードに逃げない点に好感。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』他の劇場パンフレットに寄稿。取材仕事では、デヴィッド・クローネンバーグにお話しをうかがいました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT