ADVERTISEMENT

親しい人の言葉で語られる、胸に迫るドキュメンタリー

2021年12月15日 猿渡 由紀 BELUSHI ベルーシ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
BELUSHI ベルーシ

コメディアンは内に暗いものを抱えているとか、名声の悪い側面などについては昔から言われてきたが、ベルーシを個人的によく知る人たちの言葉によって語られることで、その悲しさがより胸に迫る。やはり依存症に悩んだキャリー・フィッシャーの言葉は説得力大。時折入るアニメーションも、ストーリーを語る上で効果的だ。リアルタイムで見た「ブルース・ブラザース」の制作現場での彼がどんな状態だったのかを知らされたのも衝撃だった。彼の初期の頃のコメディ、音楽のライブ映像などは楽しく、本当に惜しい人を失ったと痛感させられる。今もまだ人気を誇る「Saturday Night Live」の立ち上がりを見られるのも興味深い。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT