人は誰しも心に悪魔を宿す

2015年5月9日 なかざわひでゆき ホーンズ 容疑者と告白の角 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ホーンズ 容疑者と告白の角

 恋人殺しの容疑をかけられた若者の頭に、ある日突然2本の角が生える。その角を見た人間はなぜか口々に本音を喋り始め、主人公はこの不思議な力を使って真犯人を探し始める。
 嫉妬や傲慢、色欲などなど。人々が告白する本音は“七つの大罪”のオンパレードだ。人間なら誰しも心の中に悪魔を宿す。その秘めたる心の声を、悪魔の象徴たる角が引き出していく。そこが物語を読み解く重要な鍵だと言えよう。
 同時に、本作は大人になることで無垢な友達ではいられなくなった、幼なじみグループの悲哀をも浮き彫りにしていく。宗教色の強さゆえに分かりづらい部分もあるかもしれないが、なかなか示唆に富んだ寓話的ダークファンタジーの秀作だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]